今日伝えることは、
ぶっちゃけKEN-Tにも当てはまることなんですけど、
おきてがみを周ってるとちょっと・・・ってブロガーさん多いので、

 

そんなあなたに伝えますm9(・∀・)

 

KEN-Tはもちろん画像は”視覚的”に重要だと感じているので
まずは、画像で訴えて文章なりの文字を読ませているんですね。

 

文字ばっかだと、
きっと読まれないと思ってる口なので。

 

でね、KEN-Tはあなたのサイドバーに物申したい。

 

( ̄∀ ̄)<画像目立ちすぎでしょ?

 

確かに画像を作り込んで、
視覚的に訴えるのは重要です。

 

でも、その画像を作り込みすぎちゃうと、
その画像ばっかに読者さんの目が行くので
そのしたのリンクとか絶対にクリックしてもらえません。

 

KEN-Tのブログのサイドバーなんかもそうなんですけど、
まず、レビューしている教材の画像があって、
その下に簡単な説明があって、レビューページへのリンクがあります。

 

つまり、ブログの読者さんとか訪問者さんに
「KEN-Tはこれらの教材をレビューしていますよ」って視覚的に訴えて、
簡単な説明文を読んでもらって、レビューページをクリックしてもらいます。

 

この↑一連の流れを生むための
サイドバーの画像なんで
ちょっと作り込むのは間違ってます(ノ△T)

 

サイドバーじゃなくて、
メインコンテンツ(真ん中のカラム)に
ドーンッと画像を載せるのは賛成です。

 

「このブログはこうだよ」って一目見て分かるように
読者さんとか訪問者さんに知らせるためのものなので。

 

まぁそれでも、
過度に作り込むのはどーかと思いますが。

 

どーしてこんなことを記事にしたかと言いますと、
ほんとに最近の画像については
みなさんかなりレベルアップしているんですよね。

 

(・∀・)<おい、これ素人が作ったのかよ・・・

 

って思ってしまうようなのもたくさんあるし。

 

それで、KEN-Tはフォトショップを導入して、
がっつりやりこんでGIMPから卒業しましたので。

 

でもね、KEN-Tは情報商材アフィリエイターなんです。

 

だから、画像作成もすごい楽しいんですけど、
メインはレビューを書いて読者さんに伝えること。

 

サイドバーの画像ばかりが
ぎらぎら目立っているアフィリエイターさんも
元をたどれば同じ情報商材アフィリエイターなんですよ。

 

同じアフィリエイターなのに、
片方は画像に夢中で肝心なレビューが読んでもらえない。

 

これってちょっと悲しいですよね><;

 

あなたも、画像を作り込み過ぎずに
あくまで視覚的に訴えるものなので
メインコンテンツである文章力を鍛えまくってくださいね。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: