物販アフィリエイトとか
KEN-Tのブログでもそうですが
やっぱり一番目に入る場所ってヘッダーなんですね。

 

あなたも私(?)も
最初に目に入るヘッダー部分で
そのサイトやブログの”価値”を判断しているんです。

 

あ、ヘッダーっていうのは、
KEN-Tのブログで言えばブログタイトルの部分なんかが
KEN-Tがいうヘッダー部分になります。

 

つまり、どんだけ素晴らしいコンテンツが揃っていても
ヘッダー部分がボツってたらもはや読まれません。

 

読まれませんというか見られませんので
スクロールすらされないわけなんです。

 

(`ε´)<なんだこのブログ?消しちゃえ。

 

あなたのブログやサイトも
こんな↑処置をされているかもです・・・orz

 

でね、こういった処置を極力避けるためには
やっぱり見られる部分をより魅せる部分に
チェンジするって意識が必要なんですね。

 

つまり、ヘッダー部分をいじっちゃって
「お、なんか良い感じだぞ、ココ」って
訪問者さんに思わせれば良いわけですね。

 

AQUASやパーフェクトトレジャーなんかの
サイト作成ツールでもデフォルトでサイトを作るより
ヘッダー部分を魅せるような感じにしちゃえば、

 

サイト作成ツールを
普段の何倍も有効活用が出来るんです。

 

その方法(←魅せる方法)として
一番早く成果を出すことが出来るのが
画像作成スキルをグイッと上げることです。

 

例えばですけど、
めっちゃおいしいジュースを
販売している物販サイトがありますよね。

 

でもね、その物販サイトのヘッダーが↓

 

「飲めばイチコロ!めっちゃおいしいジュース紹介サイト」

 

ちょっと粗すぎますが(笑)、
こんな文字だけのヘッダーなんか
見た瞬間に消しちゃいますよね。

 

多分見る人によっちゃ
「あ、ウザ。」って速効消しますよ。

 

つまり、コンテンツが見てもらえない。

 

これじゃだめ。

 

じゃあどんなヘッダーが良いのかっていうと
”女性のモデルがめっちゃ笑顔で飲んでる写真”
”飲み終わった後の爽快感をイメージできるような写真”

 

こんな↑ヘッダーだと
購買意欲がそそられるんですよ。

 

だからね、ツールを使ってサイトを作っても
ヘッダーは魅せる画像を作る。って決めてるんです。

 

でね、KEN-Tはちょい前までは
”GIMP”って無料の画像作成ソフトを使ってたんです。

 

無料っていっても
「0円クリエイター」って教材が出るほど
使い勝手が良い有料級のソフトなんですよね。

 

そんでKEN-TがGIMPを使って
実際に作成したヘッダー画像がこちら↓

 

 

うん、出来た当初は
シンプルですごく良いなって
自画自賛していたんですけども、

 

ある画像編集ソフトを使いだしてからは
その自信は一気に消えていきました。

 

まぁ”ある”って言って隠す気はないので
答えを言ってしまうと”フォトショップ”です。

 

そして、KEN-Tがフォトショップを使って
実際に作成したヘッダー画像がこちら↓

 

 

いやぁびっくりするくらい違いますよね(爆)

 

出来た瞬間に、
AQUASで作ってたレポート保管室と
特典案内のサイトのヘッダーとチェンジしましたよ。

 

フォトショップ恐るべしです。

 

まぁフォトショップのアフィリリンクがないので
アフィリする事も出来ません(笑)が、30日間無料で使えるみたいですし、
実際の使い心地を体験するのも良い経験だと思いますよ。

 

KEN-Tがフォトショップを使った感想は、
「もうGIMPには戻れない」です。

 

KEN-Tが愛用しているサイト作成ツールAQUASが
来月に”新作サイト作成ツール”として生まれ変わりますが
それまでにKEN-T自身の画像作成スキルを限界まで上げたいと勉強中です。

 

これから先は
画像作成スキルも重要なので
時間があればですけど、

 

フォトショップの30日体験を活用したり
GIMPをフル活用したりして
がんがんスキルを上げていってくださいね^^

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: