前回のメールでまーくんの話をしたんですが、
さきほどフェイスブックを見てたら
パワプロ2013について書いてる投稿がありました。

そこにまーくんの能力などの記載があったんですが、
156km、コントロールA、スタミナA、特殊能力多数
などなど、まさに最強のピッチャーになってました。

私がパワプロやりまくってたときは、
イチロー、松井、清原、松坂、古田などの選手を使ってましたね。

あとは、サクセスモードで鬼投手や鬼打者を作ってみたり。

私の場合、打つの下手だったので強い打者はなかなか作れなかったんですが、
投げるのは得意だったので鬼投手はいっぱ作ってましたね。

ダイジョーブハカセとかに運を任せてみたり。懐かしい。

おっと、分からない人にはまったく分からない話題でしたね、すいません(笑)

では本題へ。

───────────────────────────────────

目次

1.コピー決定

2.やっぱり来ました

───────────────────────────────────

1.コピー決定

前回のメールでメルマガ登録フォームのクリックするバナーについて
「どんなコピーがいいか教えてください」という
なんとも他力本願的なお願いをしていました。

覚えてますか?

で、あれからいくつか案をいただきました。
協力していただいた方ありがとうございます。

あとで粗品のほうを送らせていただきます。

・・・いや、やっぱり送りません。

はい。
肝心の案なんですが、「とりま読んでみる」はすこぶる不評でした。

KEN-Tさんらしいけど、
なんか意味が分からないです。

これ使うなら普通がいいですよ。
というすごく厳しい意見も。

で、ノーマルなコピーの案が多かったです。
・メールマガジンに登録する
・購読する
・登録する

などなどオーソドックスな意見が多かったですね。

ですが、その中で1つだけ面白い案もありました。

緩いメルマガということで、
ゆるマガとかどうですか?と。

ゆるマガ・・・いいね、それ。

ということで、コピーですが、
「ゆるマガに登録する」に決定しました。

それにちなんで、
ゆるい感じの画像をゆうゆうに描いてもらい、

      画像
     フォーム
   クリックするバナー

という感じにしようかな。
てなことを今考えておる最中です。

2.やっぱり来ました

来るとは思っていたんですが、やっぱり来ましたね。

今晩わ、いつも勉強させて頂いております。

そして、この間はアバター作成でも素晴らしいものを
作っていただきまして本当にありがとうございました。

今回の質問は、フォローブースターPROについてなんですが
KENーTさんの商品ページを見ていて初心者の方のことを
本当に考えていらっしゃるんだなとすごく感動しました。

そこで、喉から手が出るくらい得点の方が魅力的なんですが
実は違う方からすでに購入してしまったあとに
KENーTさんのページををみてしまい(しまった)とすごく思いました。

そこで、今回の特典でのみ
販売していただけないかなと思い
メールを送らせて頂きました。

勝手なことを言っているのはすごくわかるのですが
何とか今回のツイッター商材で成功したいと考えていますので
対応願えませんでしょうか?よろしくお願いします。

私って長くアフィリエイトをしているんですが、
一向に知名度というものが上がりません。

だもんで、こういう感じで
「KEN-Tさんの特典を売ってください」というメールや
「KEN-Tさんから買えばよかった」というメールを多くいただきます。

今回のフォローブースターPROに関しても、
上記のような「特典売ってくださいメール」がかなり来ました。

やっぱりランディングページ公開の特典がかなり響いてるみたいです。

ということで。

ちょっとしたクリックアンケートを取りたいと思います。

私のメールを読んでいる読者の中で、
・KEN-Tさんの特典めっちゃ興味あるけどもう買っちゃったしなぁ・・・
・ランディングページ公開とかめっちゃ気になる!でも、もう持ってるし!
・あ”ーーーKEN-Tさんから買えばよかったーーー

というふうに思っている方がいると仮定して、
私の特典を買いたいと思ってる方はいますか?

もし、欲しいという場合は、
こちらのリンクをクリックしていただければ幸いです。
⇒ メルマガ限定になります

クリック数が多ければ特典単体販売を検討しますが、
私が凹んでしまうほど少なければこの話はなかったことにしますね。

私的にはあるていどのクリック数があって

「もうしょうがないなぁ・・・
 じゃあ料金設定とかの準備するから待っててね」

という、甘い展開を想像しているんですが、甘いですよね?(笑)

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: