お盆休み真っ最中ですね。

おそらく読者のほとんどがお盆休みでまったりしてるか、
はたまた作業しまくってるかのどっちかだと思います。

なので、今日はノウハウ云々より
私のちょっとした凡ミスをお伝えしますね。

「KEN-Tでもこんなミスするんだぁ」
と励みになってもらえればです。

 

実は少し前にツイッタービジネス用として
外注に10記事ほど書いてもらいました。

当初の予定は、
・外注が書いた記事にキャッシュポイントを作って
・ツイッターからそのサイトに誘導する
・キャッシュポイントから報酬発生
・ウハウハ(笑)
という予定でした。

しかし、思わすアクシデントが。

外注に任せているサテライトサイトは、
ドメインのディレクトリが日本語仕様になっていたんです。

例えば、先日の記事のURLがこちらです。
http://affili-ken-t.com/affinouhau/3086/

この記事のURLはトップドメインもディレクトリも全部英語です。

この仕様が普通なんですが、
サテライトサイトはちょっと違ってて、
「 http://affili-ken-t.com/日本語/ 」
みたいな感じで日本語になってるんですね。

なので、最初はこのURLをそのままツイッターでつふやく予定でしたが、
日本語を含むURLをつぶやこうとすると、日本語URLの部分が英語化されるので
URLがめちゃくちゃ長くなってしまうんですね。

URL部分が長くなってしまうと
テキストが書けなくなってしまうので
解決策として短縮URLを使うことにしました。

でもって、いざ短縮URLを使おうとしたときです。

私は短縮URL(クリックスコープ)を
「 http://affili-ken-t.com/ 」
のディレクトリに入れているんですね。

だから、短縮URLを使用すると、
URLの頭に上記URLがそのまま入ってしまうんです。

短縮URLに「affili」なんて言葉が入ってたら
いかにも業者っぽいので一発で終わってしまいます。

だから短縮URLも使えません。

そのままURLを貼ることもできないし、
短縮URLを使ったら業者だとばれてしまう。

・・・ヤバいですね(笑)

 

とりあえず、無料の短縮URLを使って応急処置をしますが
早めに解決策を出さないとせっかく外注に頼んで
書いてもらった記事が無駄になってしまいます。

1記事300円で書いてもらったのでそれも無駄になってしまう・・・。

うーん、今日は眠れなくなりそうだぜ。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: