テッド

昨日、テッドっていう映画を観ました。
テディベアがしゃべりまくるっていうR15指定の映画です。

多分CMとかで知ってる方多いと思いますが、
あれって有吉を声優に起用しているんですね。

実際に観れば分かりますが、
有吉の声が相当ハマってます。

だからめっちゃ面白いです。

R15指定なので
とんでもなく卑猥な言葉のオンパレードだし、
テディベアがあんなことやこんなことをしまくってますし。

マジで面白いので絶対に観てくださいね。

 

注意点としては、
子供と一緒に観ないでください。

子供が小学生とかなら大丈夫ですが、
中学生とか高校生のお子さんがいる場合は
一緒に観ないほうがいいです。

多分、てか絶対に気まずい雰囲気になります(笑)

でもって、子供に
「ねぇねぇ○○○ってどういう意味?」 ※○○○は卑猥な言葉です
なんて言われたらかなりヤバい雰囲気になります。

ましてや意味を知ってる年頃(高校生)だと
「・・・・・・・・・・・・・・・・」みたいな感じになるでしょうね。

 

逆に、夫婦とか恋人と観ると面白いですね。
爆笑しながら観れると思います。
1人で見たらムラムラするかもです(笑)

 

・・・。

すいません、脱線しまくってしまいました。

今日はテッドのことじゃなくて
前回の続きをお伝えしようと思ってたんです。

前回のメールで、
「ツイッタービジネスレター用のまんが描きました」
と意気揚々とお伝えしました。

でもって、今回はコレをお伝えします。

そうです、またまんがを導入しました。

今回導入したまんがはまったく予定になかったんですが、
いつのまにか描いてくれてたみたいです。

ラッキー、って感じです(笑)

 

前回もお伝えした通り
ここ最近アバターの依頼が増えているので
これを機に依頼爆発してくれればなと思います。

上記のページを見れば分かりますが、
ゆうゆうのアバター製作料金はかなりお得となっています。

そのせいか、リピーターが続出しており
最高で30キャラ依頼された強者もいますし。

ぶっちゃけ、私(KEN-T)の購入者のリピートより、
ゆうゆうのリピーターのほうが圧倒的に多いです。

軽くジェラシーですね。

アバターやまんがは差別化を計るためには必須なので
今後はどんどん需要が増えてきます。

なので、ゆうゆうみたいにイラストに自信がある場合は
思い切って絵師になるのもいいかもしれませんね。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: