前回のメールで、
「ツイッタービジネスレター用のまんが描いてもらおうっと」
とお伝えしたんですが覚えていますか?

早速ゆうゆうと交渉したところ、
すぐに描いてもらうことができました

レターにまんがを導入したので、
文章自体も大幅に変更しています。

まんがを読めばツイッタービジネスの全体像である
「自動で稼ぐことができる」というのが分かるので、
文章ではまんがでは説明しきれなかった詳細を書いています。

正直、修正前のレターでもそこそこの参加者はいたんですが、
「意味がよく分からない」や「実感が湧かない」などメールをもらってて
「いつか変更しなきゃな」って思っていたんですね。

それが今日(変更するのが)だった、というだけの話です。

もちろん、今後も反応を見ながら編集していきますが、
まんがを導入したので反応は向上すると思います。

 

今回はツイッタービジネスレター用としてまんがを導入したんですが、
周りを見渡してみると、まんがを導入したランディングページが増えていますね。

私がゆうゆうに
「まんが描いてみたら」と提案したときは
利用者が全然少なかったんですが
それがどうやら増えています。

でも、実際にまんがを見てみると・・・

ごめんなさい、ヘタクソです(笑)

セリフとかはアフィリエイター本人が考えてると思うので
うまい具合に考えられていますが、いかんせん「絵」が・・・

絵のクオリティやまんがの完成度は、
そのまま「反応率」となって返ってきます。

つまり、クオリティが高ければ高いほど
完成度が高ければ高いほど反応率も高くなってきます。

でも、ちまたにあるまんがは正直ヘタクソです。

もうね、全部ゆうゆうに描き直しさせたいくらいですし。
(もちろん、その分の料金はいただきますが)

私が言うのもなんですが、
絵のクオリティや完成度で言えば
ゆうゆうより上手な絵師は見たことありません。

プロの漫画家や、
プロのイラストレーターは別です。

だけど、趣味程度でやってる絵師や、
アマチュアレベルのイラストレーターと比べると
天と地くらいの差があります。

もともと漫画家志望だったので
プロと遜色ないレベルで仕上げることができるんですね。

 

だけど。

ゆうゆうには弱点があって
それは「知名度」です。

いくら絵が上手くても
知名度がないと埋もれてしまいます。

今でこそツイッター上でちょっとした有名人になっていますが、
それでもまだまだ無名に近いんです。

かろうじて、ネット上で
私(KEN-T)にちょびっとコネがあったので
それを最大限利用して宣伝していますが、まだまだですね。

先日、化粧品会社からまんがの申し込みがあったので、
これを機に口コミで一気に広がらないかなぁ・・・。

ムフフ。

 

PS.

そういえば、先日のメールで
「アバター申し込みページ大幅修正しましたー」
と公開したら立て続けにご注文をいただきました。

◎アバター製作所申し込みサイト

注文していただけた方誠にありがとうございます。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: