こいつ頑張ってるなぁ・・・。

今私の相方が隣でパソコンを使ってまんがの着色をしているんですが、
着色のスキルが上達したのか、ベタ塗りではなくきちんと陰影を付けています。

この手法だと手間がかかるんですが、
その分完成後のクオリティはすさまじいです。

今は「まんが1ページ1万円円~」となっていますが、
今後はクオリティ別に値段設定を明確にしていきます。

 

一応、今考えているのが、

・通常コース
 ⇒ 今まで通り1ページ1万円~のコース(ただしセリフやテーマは考えていただきます)

・通常コース+着色ハイクオリティ
 ⇒ 1ページ15000円~で基本は通常コースで着色は陰影を付けて凝らせていただきます

・コンサルティングコース
 ⇒ 1ページ3万円~で申込者とスカイプをしてテーマを一緒に考えて私がセリフを考えてます
   (もちろん、着色はハイクオリティです)

今後、メールマガジン登録ページやレビューページなど
ありとあらゆるところに「差別化」が必要になってきます。

なので、こういうところで「まんが」を使用すれば
差別化としては間違いなく一歩、いや二歩は先に行けます。

 

よし、私もまた描いてもらおうっと。

あ、もちろんですが、私も相方に描いてもらうときは、
それ相当の恩返しはしていますよ。

いくら身内でも無料で描いてくれません。
ただ、社員割りみたいな感じで家族割りが効きますが(笑)

 

 

 

さて、今日はターゲットについてです。

情報商材アフィリエイトに置き換えたほうが伝えやすいのであえてそうしますが、
情報商材アフィリエイトだけに限ったことじゃないのでよーく読んでください。

私はブログやメルマガを使って
情報商材アフィリエイトをしていますが、
文章を書く際「あること」に注意しながら書いています。

それは何だと思いますが?

 

 

 

 

 

 

 

正解はこれ。
「読者との距離感」
です。

これは、私が実際に経験したことなんですが、
ある方のメルマガを読んでいたときのことです。

その方は私がペーペーのころから読んでいて
そのメルマガを読みながら「なるほど、勉強になるなー」と思っていました。

で、ごくたまに私のほうからメールとかしていました。

このころは私とメルマガ発行者との距離は丁度良い感じでした。

遠すぎず近すぎずの関係でメルマガ発行者からしたら
私は最高においしいお客さんの一人でした。

 

でも、その方はどんどん稼げるようになり、
それに伴ってメルマガでも実績をどんどん公開するようになりました。

「昨日1通出しただけでこれだけ売れました ⇒ URL」

「最終日でこれだけ売れました ⇒ URL」

「さらっと紹介しただけで・・・ ⇒ URL」

私はぺーぺーだったので、そういうメールを見るたびに
「この人やっぱりすごいなぁ、俺も頑張ろう」と思ってました。

でも、ほどなくしてこの方のメルマガは読まなくなりました。
この方の書いたメルマガが私の心に響かなくなりました。
つまり、私(読者)との距離感が遠くなってしまったんです。

 

で、今ではその方はメルマガを出していません。
おそらく嫌気がさして(=稼げなくなって)辞めたんだと思います。
あくまで私の推測ですが。

このことから、私は自分の立ち位置を変えずに
情報提供することを心掛けています。

私の読者であるあなたにとって、
「私がいくら稼いでいるか?」
はどうでもいいことであって、大事なことは

「私のブログやメルマガを読んでて
 あなたの心に響くものがあるか(or面白いか否か)?」

だけだと思います。

 

極端にいえば、
「私が月500万円稼ごうが、月10万稼ごうが
 文体や雰囲気はまったく変わらない」
これができれば最高です。

 

読者の中には、

・月3万円稼げたら満足な人
・月5万円稼げたら満足な人
・月10万円稼げたら満足な人

が一定数必ずいるわけで、
別に月100万円稼げなくたっていいんですよ。

だけど最近の風潮は、
「月100万円は通過点」とか言ってるし。

そりゃあなたにとっては通過点かもしれないけど、
普通はそんだけありゃ十分でしょ?

 

 

・・・と思うわけです。

ちょっと意味不になりましたが、要するに、
「読者との距離感を一定に保つ」
これを徹底的に意識してください。

 

 

 

神をも恐れぬ発言をするとすれば、

「月5万円稼げれば十分な方は、
 月500万円稼いでいる方のメルマガではなく、
 月30万円くらい稼いでいる方のメルマガのほうが
 距離感が近いしリアル感があるのでおすすめですよ」

です。

 

おーこわ、言っちゃったよ・・・。

ただ、読み物としてはおすすめするので、
果てしない額稼いでいる方のメルマガは読み物として読みましょう。

 

 

 

・・・と最後に保険を掛けておく(笑)

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: