昨日メルマガを7件解除しました。

理由は簡単。面白くないからです。

もっといえば、役に立たないし、ウザいし、コピペだし(笑)

全然面白くないんですよね。
最近はアフィリエイターのメルマガより、
インフォプレナーのメルマガのほうが面白くないですね。

 

今って無料オファーが流行ってるじゃないですか?

それこそ去年ぐらいの勢いはありませんが、
インフォプレナーはがんがん無料オファーを流してきます。

最近だと、いきなりインフォプレナーからメルマガが届くようになって
冒頭には「このメルマガは○○○に登録してくれた方だけに~」って・・・

 

お前それどんだけ昔のことなん!?
何で今さらメルマガ!?今まで何してたん!?

と関西人じゃないのに関西弁が出てしまいます。

これだけなら構いません。
温厚な私も我慢できます。

 

だけど、それから数通メルマガを届くようになったら
メルマガ内の最後ら辺はこう書いています。

おすすめ案件1

これはかなりおすすめです。
今すぐ登録しましょう。
→ URL

おすすめ案件2

これも公開されたばかりですが
登録する価値が多いにあります。
→ URL

おすすめ案件3

公開は本日までです。
見逃した方はすぐに登録するべきです。
→ URL

こんなメルマガ見たことありますよね?

ぶっちゃけかなりウザくないですか?
私はウザいので解除しまくりましたが。

無料オファーって確かに稼ぎやすいです。
何かを買ってもらうんじゃなくて登録されるだけでお金もらえますから。

でも、こうも適当に無料オファーが羅列しているところを見ると
私が思うに「リストの使い回し」をされているような気がしてなりません。

 

リストの使い回しについて説明しますね。

例えばAさんとBさんとCさんがいて、
AさんもBさんもCさんもメルマガ読者が5000人います。

そして、AさんはBさんの無料オファーを紹介して
BさんはCさんの無料オファーを紹介して
CさんはAさんの無料オファーを紹介します。

これで終われば特に問題ありませんが、
リストの使い回しというのは、
このあとにサイクルを変えてしまうんです。

 

つまり。

AさんはCさんの無料オファーを紹介して、
BさんはAさんの無料オファーを紹介して
CさんはBさんの無料オファーを紹介しているんですね。

こうやってずらして紹介することで、
無料オファーでも稼げますし
バックエンドでも高確率で稼ぐことができます。

 

イメージとしては自分の読者を貸すという表現が正しいでしょう。

自分の読者をどんどん増やして無料オファーを紹介して
反応が悪くなったら他のアフィリエイターさんに貸す。

これのくり返しです。

今回は3人のメルマガを例に出しましたが
実際にはこれが数十人でやりとりされているので、
数万人の読者がレンタルされているんですね。

考えただけで恐ろしいし、
こんなことをしているインフォプレナーはもっと恐ろしいです。

 

あなたの元には、

おすすめ案件1

これはかなりおすすめです。
今すぐ登録しましょう。
→ URL

おすすめ案件2

これも公開されたばかりですが
登録する価値が多いにあります。
→ URL

おすすめ案件3

公開は本日までです。
見逃した方はすぐに登録するべきです。
→ URL

こんなしょーもないメルマガ届いていませんか?

届いてたら速攻で解除しましょう。
そんなメルマガからは何も学べないので。

「どーせ開封しないから別に解除しなくてもいい」
と思っていませんか?

でも、そういうメールが受信ボックスに入るだけでもウザくないですか?

じゃあ解除しましょう。
受信ボックスがスッキリして清々しい気持ちになれるので。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: