私がアフィリエイトをがむしゃらに実践していたとき、
世間的にはそこまでコピーライティングは重要視されていませんでした。

不思議ですよね?
今でこそ重要性を説く人がたくさんいるのに、
2年前は全然いなかったんですから。

だから私はチャンスだと思ったんですね。

「周りの人が重要性を説いていない分野をしっかり説くことができれば
一気にブランディングもできるし名前も覚えてもらえるぞ!」

そこから私はコピーライティングについてむさぼるように勉強しました。

 

ライティング系と呼ばれる教材はほとんど購入しましたし、
教材以外にTUTAYAとかで関連する書籍を買ったり
時間があるときは長時間立ち読みをしていました。

自分がインプットしたことは
内容を忘れないうちにアウトプットをする。

これを念頭に入れて作業をしていましたね。

人は勉強して覚えたことを
他人に教えることでさらに覚えると言われているので、
どんどん記事やメルマガにして情報発信していました。

ここらへんからですね。
私が「KEN-T=コピーライティング」
と覚えられるようになったのは。

 

■ 最短

私以外にも同じようなことを言ってる人が多いと思いますが、
アフィリエイトで稼ぐためにはコピーライティングを覚えるのが最短です。

ネット上には文章のほかにも、
動画であったり音声であったり
人にものを伝える手段はたくさんあります。

人にものを伝える手段はたくさんありますが、
人にものを売るとき、人を共感させるとき、
人を感動させるとき、人を虜にさせるときは
どんな手段よりもコピーライティングが有効です。

ネット上ではコピーライティングが原点であり、
今でも王道の「伝える道具」なんですね。

それを確信しているからこそ、
私はコピーライティングを学ぶのが最短と言っているんです。

 

■ 面白い企画を作成中

そういうわけで、コピーライティング最重要を謳ってる私ですが、
ちょっと今面白い企画を作成中です。

コピーライティングにちなんだ企画で、

・コピーライティングを学びたい
・人の心を揺らす文章が書きたい
・読んだ人を共感させる文章が書きたい
・読者さんを一瞬で虜にする文章が書きたい
・ユニークで面白い文章が書きたい

これらの要望を満たしてくれる
相当面白い企画になりそうです。

 

次回までには完成しますので、
そのときに参加条件などをお伝えしますね。

ライティング力を鍛えたい場合は
次回の記事は必見ですよ。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: