実際に読んだ本の感想を書いている人があまりいないので、
思い切って書いてみました。興味あれば読んでくださいね。

 

【タイトル】安売りするな!「価値」を売れ!

【著者】藤村正宏

【目次】
第1章 売れてるものはどこがちがう?
第2章 お客さまは「ただ一人」まで絞り込む!
第3章 繁盛のキーワード=ゆるやかな関係性
第4章 「好き・楽しい・得意」で独自化する!
第5章 会社ではなく、個人のストーリーを発信する!
第6章 「選んでもらう理由」をわかりやすく伝える方法

 

 

■ 読んだ感想

 

この本ではタイトル通りに、
値段を下げることで売るんじゃなくて
「価値」を提供して売ることについて書かれています。

 

各章ごとに様々な事例を元に紹介しているので
書いてあることが分かりやすく、すんなり理解することができます。

 

ただ、事例を紹介する度に、
「これは私のクライアント様」とか、
「私の塾の~」と言った感じでさりげなく自分推ししています。

 

ちょっと読んでていやらしいと思いましたが、
これも出版する際の戦略だと思います。

 

 

■ ココがおすすめ

 

「第3章 繁盛のキーワード=ゆるやかな関係性」

 

ここはかなりおすすめです。
私も本を読んでて思いました。

 

今のご時世、新規顧客を増やすより、
リピーターを作ったほうが売上が上がります。

 

そして、リピーターに再度購入してもらう方が
新規顧客を増やすより遥かに簡単です。

 

敷居が高すぎるんですよね、新しい人を増やすって。

 

「じゃあどうやってリピーターを増やすのか?」
が詳しく書かれているのがこの第3章になります。

 

 

■ アフィリエイトに応用できるか?

 

あなたが一番知りたいのってここですよね?

 

じゃあ早速教えます。
アフィリエイトに応用できるのは、
さきほどお伝えしたココの項目です。

 

「第3章 繁盛のキーワード=ゆるやかな関係性」
この章ではリピーターを増やす方法が学べると言いました。

 

これってアフィリエイトに関しても使えますよね?

 

一度情報商材を購入してくれた人の方が
再度情報商材を買ってもらいやすいんです。

 

これがリピーターなんですね。
今多くのアフィリエイターさんが購入者通信を発行していますよね?

 

購入してくれたリストが一番価値が高いのでそれを活用しようと
購入者通信を発行しているんです。
私も当然発行しています。

 

けど、この本を読んでからは、
購入者通信の考えが変わりました。

 

今までは、特典の配布や極秘情報があるときに
購入者通信を使ってお伝えしていましたが
それじゃ全然ダメでした。思い知らされました。

 

でね、ちょっと思ったんですが、
今ちまたで良い購入者通信を発行している
アフィリエイターさん&インフォプレナーさんは全然いません。

 

くそみたいな購入者通信ばっかりです。
私もこの本を読むまでくそ購入者通信と同類でした。

 

こんな購入者通信の発行の仕方だと、
リピーターなんて増えるはずがありません。

 

なので、この本に書いている方法で購入者通信を書くことにします。

 

購入者通信を出してる人の中でまともな人は全然いないので、
しっかりした通信が出せれば素晴らしい費用対効果になりますね。

 

 

■ アフィリエイターにおすすめできるか?

 

おすすめできます。

 

特に、購入者通信を発行しているアフィリエイターさんは
絶対にこの本を読んだ方がいいです。間違いなく。

 

私もしょぼい購入者通信しか書いていなかったので
早めにこの本に出会えてラッキーでした。

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: