私は今まで表メルマガをそのままブログに使っていました。

 

具体的に言うとこんな使い方です。

 


■ バックナンバー的ブログ

 

多くのアフィリエイターさんもこんな使い方をしていますが
メルマガと同じ文章をそのままブログ記事にしちゃう使い方です。

 

メルマガだけだと瞬発力はあるものの継続性がありません。
ブログだけだと継続性はあるものの瞬発力はありません。

 

「じゃあお互いのメリットを合わせようよ」と考えられたのが
メルマガの原稿をブログ記事にする、という手法です。

 

私の場合はちょっと特殊で
ブログ記事の原稿をメルマガにしているので
普通のアフィリエイターさんとは逆ですね。

 

それはどーでもいいんですが、
良く言えば「有効活用」
悪く言えば「使いまわし」です。

 

仮に、ブログを毎日更新しながら
違う内容のメルマガも毎日配信する。

 

インプットしまくって努力すれば可能ですが、
ほとんどのアフィリエイターさんはやっていません。

 

ブログだけだったりメルマガだけだったり
ブログとメルマガで同じ内容を書いていたりです。

 

■ 裏メルマガでは・・・

 

もうすぐ本格的に始める裏メルマガも
割合的には「使いまわし」をする可能性が高いです。

 

自分で使い回しと言うのは正直不愉快なんですが
事実なのでしょうがないです。

 

けど、使い回しばっかりしていては
メルマガに「裏」が付く意味がありません。

 

「裏」が付くんですから、
一般公開されない情報も配信しないと意味が無いんです。

 

■ ブログに載せないことも伝えます

 

「裏」が付くメルマガってことなので
表メルマガとは違いブログに書かない情報も伝えていきます。

 

裏メルマガ限定のコピーライティング講座

裏メルマガ限定の読者プレゼント

裏メルマガ限定のありえないサービス

 

などなど、私の裏メルマガを読んでいないと知りえないことを
これからは今まで以上にがんがんお伝えしていきます。

 

■ 文体がまったく違います

 

すでに裏メルマガを読んでいれば分かりますが
表メルマガやブログ記事とは文体が異なります。

 

より、KEN-Tらしさを前面に押し出している、
と言えば分かりやすいですね。

 

元々は表メルマガやブログと合わせて使う予定だったので
同じ文体だと飽きられちゃうと思って文体を変えています。

 

で、文体を変えて数通裏メルマガを書いたんですが
どうも私にはそっち(裏メルマガ)のほうが合ってるかも、です。

 

どんな文体か気になりましたらご購読を(笑)

 

■ 次回がインフォマグからのラスト配信となります

 

思い起こせばインフォマグでメルマガを初めてたいぶ時間が経ちました。

 

最初は「メルマガなんて無理無理」と思っていた私ですが
思い切ってインフォマグでメルマガをスタートさせました。

 

最初はくそつまらない文章しか書けなかったので
必死にコピーライティングを学んで研究しまくってました。

 

そこそこ読者さんも増えてきてメルマガの感想とかをいただき始めて
「読んでもらってる」とすごくうれしい気持ちも味わうことができました。

 

そして今後はインフォマグから独自配信に切り替えようとしています。

 

最初は「メルマガなんて・・・」と思ってた私が
たった少しの期間で独自配信ですよ?

 

自分で言うのも変ですが、
KEN-Tよう頑張ったな、と褒めてやりたい(笑)

 

■ もうすぐ本格スタートです

 

たくさんの思い出があるインフォマグからの配信をやめてまで
裏メルマガを本格スタートさせますので
くそみたいな情報を伝える予定は一切ありません。

 

「これからもKEN-Tのメルマガが読みたい!」

 

こんな熱い気持ちのあなたをお待ちしています。

 

裏メルマガ購読はこちら

(ダブルオプトインです↑)

 

ランディングページもありますが
今回は登録の手間を極力避けたいので
仮登録フォームのURLを直接お伝えします。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

裏メルマガも発行しています

誰もが知ってるトップアフィリエイターさんも読んでる
KEN-Tの裏メルマガはもうご購読していますか?

(詳細はこちらをクリック↑)

ブログじゃ言えないKEN-Tの本音や秘匿性の高い情報も
裏メルマガでは隠すことなくお伝えしています。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: