KEN-Tがトップレポートブランディングを
購入するにいたった明確な理由・・・

 

その明確な理由を
今回はシェアしたいと思います。

 

それでは初めにKEN-Tが
実際にトップレポートブランディングを
購入するにいたった理由を上げていきます。

 

その理由は・・・

 

  • 無料レポート作成ノウハウが知りたかった
  • 大手レポートスタンド「メルぞう」新規発行者登録権がほしかった
  • 無料レポートのデザインテンプレート(全10種)がほしかった

 

もちろん1番の決め手となったのが
無料レポート作成ノウハウが知りたかったわけなんですが、
以下の2つの特典もそれに劣らずの素晴らしい内容なんですね。

 

特典については、
また後日いたしますので
今回は1番の購入の決め手となった、

 

「無料レポート作成ノウハウ」

 

について詳しく
お伝えさせていただきます。

 

KEN-Tが無料レポートを作成しようと
思った時からトップレポートブランディングの
存在は既に知っていたんですね。

 

それでも当時は、
稼ぐ系の教材以外の教材を
購入するのがバカらしいってくらい毛嫌いしていたんです^^;

 

毛嫌いしていた理由が・・・

 

無料レポート?そんなん量産すればよくね?

 

ってな具合に、
無料レポートの位置を
勝手に下げまくっていたんですね。

 

アフィリエイターにとって
無料レポートの存在なんて皆無。

 

そう思っていたからこそ
トップレポートブランディングなんて
購入する必要なんかあるはずない。

 

当時のKEN-Tは
そう確信していました。

 

そして実際に無料レポートを
書こうとした瞬間に事件が起きたんです。

 

その事件というのが・・・

 

「1ページどころか
最初の1文も書けなかったんです><;」

 

これ大袈裟に聞こえるかもしれませんが
ほんまにこんな状態になったんですから^^;

 

それに加えて、
稼いでいるアフィリエイターは
口をそろえて「無料レポートは重要」と言ってるじゃないですか;;

 

当然ですが焦りますよね?

 

1文すら書けなかったのに
アフィリエイターさんの「重要」と
いう言葉の連続攻撃・・・

 

これで当初は
だいぶダメージを受けましたね。

 

さすがにこれではまずいと思い
無料レポート作成ノウハウ系の教材として
評価の高かったトップレポートブランディングを購入したわけです。

 

・・・・・

 

これがKEN-Tが実際に
トップレポートブランディングを購入した明確な理由です。

 

もう一度分かりやすく
話をまとめますと・・・

 

KEN-Tは元々トップレポートブランディングの
存在を知りながら無料レポートを作成しようとしていた

 

無料レポートなんか教材に頼らなくても
ある程度のものは出来るに決まっている。

 

こう思っていたんですが、
実際に作成しようとしたら・・・

 

最初の1ページどころか1文も書くことができなかった

 

つまり書けなかったんです。

 

ただ書けなかったというより
「うっ」って体が固まったような感じですね。

 

そこで・・・

 

無料レポート作成ノウハウ系教材として
評価の高かったトップレポートブランディングを購入した

 

つまりKEN-Tは
無料レポートを書き始めて
躓いてトップレポートブランディングを購入したんですね。

 

購入スピードとしては
一歩遅かったんです。

 

躓くことでトップレポートブランディングの
重要性は認識できましたが時間を無駄にしたとも言えます。

 

あなたには、
出来るだけ時間を無駄にしてほしくありません。

 

「とりあえず、無料レポートを何個か作成して
どうしても上手くいかなかったら
トップレポートブランディングを買おうかな^^」

 

これじゃ遅いんですね^^;

 

「とりあえず、無料レポートを何個か作成して
どうしても上手くいかなかったら
トップレポートブランディングを買おうかな^^」

 

ではなく、

 

「トップレポートブランディングを購入して
無料レポートを何個か作成してみようかな^^」

 

こう考えることで
気付くまでの時間が大幅に短縮出来ますし、
その短縮した時間をさらに有効活用することが出来ます。

 

いいですか?

 

無料レポートをただ作成するだけなら
トップレポートブランディングは必要ありません。

 

しかし・・・

 

無料レポートを意味ある存在にするなら
トップレポートブランディングは欠かせないものになります。

 

トップレポートブランディングレビューと特典案内はこちら

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: