KEN-Tが確信していることで
アフィリエイトで一番早く確実に成果が出る
楽天アフィリエイトなんですが、

 

今回は楽天アフィリエイト実践教材の
トレンドチェックアフィリエイトの購入者であるIさんから
相談メールをいただいたのでそれをシェアしていきますね^^

 

やっぱりね、楽天アフィリエイトって
何回も言うようにキーワードなんですよね。

 

キーワードが上手くハマって
検索エンジンからアクセスが来るようになったら
あとはもう放置状態で時々記事を更新したりするだけでいいんですから。

 

で、いただいたメールの内容ですが
仰せの通りそのキーワードについてです。

 

↓↓↓ここから(一部改行しています)

 

KEN-Tさん

メールありがとうございます。

昨日のメールに書くつもり書きそびれたことなのですが
なにがわからないと言うか、やりづらいのか
考えてみました。

それは、みんなも悩むキーワード設定です。

どんなキーワードを選んでやったらいいのか
その選び方がわからない
と言うのが、今の状態です。

当初は、自分が売りたい物を選んで店を開く
みたいな感覚でした。

それが、売れる物を探して、そのことについて
記事を書く

と言う考え方でやる事はわかってきました。

自分が売りたい物を・・・・では趣味ショップですよね(^^;

取りあえず、旬ワードと、それに関連するワードを
あわせた複合語でやっていくという感じで良いのかな?
と思いながら、旬ワードを探そうと思って居ます。

7人の侍でも、ビッグワード vs 旬ワード
は、旬に軍配でしたら、それで試してみようと思います。

方向性はあっているでしょうか?

どうも、このワードを探す考え方に慣れていない
ためか、イマイチ自分の考え・動きが
ピッとしてくれなくて困っています。

キーワード思考と言うか、そういう事に慣れるには
何か良い方法はありますでしょうか?

ヒントがあったら宜しくお願いしますm(__)m

 

↑↑↑ここまで

 

はい、キーワードですね(笑)

 

KEN-Tのブログをキーワードで検索したら
上位に来そうなくらいに連発していますが、
このキーワード選定能力を身につけたら、

 

面白いようにアクセスが集める媒体を作れますし
サイトアフィリエイトにも通ずるってか、
サイトアフィリエイトで成功するためも、

 

このキーワード選定ってのは
もはや逃げることが出来ない難関なんですね。

 

↓↓↓こちらがKEN-Tからの返信内容になります。

 

Iさん

こんばんは、KEN-Tです^^
ご無沙汰になりますm(_ _)m

確かにキーワード選定って
難しいですよね^^;

私もなかなか当たりは引けません(汗)

っと、まずIさんに言いたいことがあって
それは、ちょっと情報多々になり過ぎていると思います。

確かに色々な情報を取り入れた方が良いですが
逆に路頭に迷ってしまって何をしていいか分からなくなりますよ^^;

私がそうでしたし^^;

キーワード選定ですが、
パソコンで検索されて
なおかつ安定感があるキーワードです。

ぶっちゃけ答えを言ってしまうと
私が狙っているのは「●●●」です。

ブログタイトルを、
「●●●●●」にして
それに合ったコンテンツを入れてやれば・・・ムフフです(笑)

まぁキーワードに正解が無いので
これ↑でブログを作ってもクソみたいなアクセスしか来ないかもですし、
逆に毎日200以上のユニークアクセスが集まるかもしれません。

これが、ヒントってか答えですね(笑)

ぜひ、頑張ってください^^

KEN-Tより☆

 

↑↑↑ここまで

 

最初はちょっと入り込んだメールをするつもりが
思いっきり答えをぶっちゃけてしまいました(笑)

 

あまりにも具体的すぎて
ちょっと生々しいので
さすがに伏せていますのでm(_ _)m

 

この様にですね、
パソコンで検索されそうで
安定感抜群なキーワードがアクセスを呼び込めます。

 

つまり、需要があるキーワードを
ブログタイトルと記事タイトルに盛り込むってことですね。

 

こんな感じで、
相談メールに対しては
ヒント以上のメールサポートをしています。

 

(ノ△T)<あぁ楽天アフィリエイトで稼げない・・・

 

(ノ△T)<あぁ検索からのアクセスがやってこない・・・

 

こんな風↑になる前に
しっかりとしたキーワード選定能力を
トレンドチェックアフィリエイトで身につけちゃいましょ^^

 

トレンドチャックアフィリエイトレビューと特典案内はこちら

(↑↑↑詳しいレビューはこちらをクリック)

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: