ブログを更新しても、
その記事がインデックスされないと、
検索エンジンで検索しても出てきません。

 

ではでは、
その”インデックス”って
どういう意味だと思いますか?

 

はい、それではですね、
まずは、簡単に説明すると、
インデックスされるって意味は、

 

あなたの書いた記事が、
検索ロボットから見つかった状態。

 

そして、見つけられた記事が、
検索エンジンに登録される状態。

 

んで、この登録されることを
”インデックス”と言います。

 

例えば、あなたが
ブログの記事を更新したときに、
更新した直後にその記事タイトルを、

 

Googleで検索しても、
出てくることはありません。

 

何でかというと、
更新した直後だと、
まだインデックスされていないからです。

 

つまり、ブログを更新しても、
インデックスされるまでに
ある程度の時間が必要だということですね。

 

いくらたくさん記事を更新しても
インデックスされない限りは
検索エンジンで検索されないんです。

 

一般的にブログ系の媒体は、
インデックスされるまでのスピードが
HTMLサイトと比べて早いといわれています。

 

このスピードが、
HTMLサイトと比べて
とても有利な点ですね。

 

でも・・・

 

ブログ系媒体のインデックスって
ちょっと不安定なんですね。

 

不安定っていうことは、
検索エンジンで検索したときに、
検索順位に変動があるんです。

 

ある時は一位表示されていたのに、
あっという間に圏外に飛ばされたり、
はたまた1ページ目に舞い戻ったり・・・。

 

それに比べてHTMLサイトは
インデックスまで時間が掛かりますが、
一度インデックスされると変動が少ないんですね。

 

それは、テンプレートにもよりますが、
まぁブログと比べれば安定して表示されます。

 

・・・っとここまでで、
以下のことがご理解いただけたでしょうか?

 

ブログはインデックスされやすい^^

けど、検索結果が不安定><;

HTMLサイトはインデックスされにくい><;

けど、検索結果が安定^^

 

ブログもHTMLサイトも
メリットがありデメリットがあるってことですね。

 

で、ここからが
あなたにも実践してほしいことなんですが・・・。

 

ブログがインデックスされやすくて、
HTMLサイトがインデックスされにくいので
ブログを更新して、その更新した記事から、

 

HTMLサイトへリンク付けをするんですね。

 

すると、先にブログの方がインデックスされるので、
検索エンジンからのアクセスを集客出来ます。

 

検索エンジンから集客したアクセスを
上手くHTMLサイトまで誘導出来たら、
まだインデックスされていないHTMLサイトにまで、

 

検索エンジンからの
アクセスがいくので、
結構おいしいですよね。

 

図で説明したらこんな感じですね↓↓↓

 

 

最初は、ブログからの誘導が
HTMLサイトのアクセス元になりますが
そのうちサイトの方もインデックスされるので、

 

インデックスされれば、
ブログからのアクセスとサイト本体のアクセスと
二重のアクセスを集客することが出来るんですね。

 

このように、
インデックスされやすいブログをメインに、
アクセスを集めたいHTMLサイトリンク付けして、

 

HTMLサイトがインデックスされるまでの間も、
安定してアクセスを集めることが出来るので
ぜひ、あなたも実践してみてはいかがでしょうか?

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: