今回はある実験を行ったので
その結果を踏まえてお伝えしますね。

 

情報商材アフィリエイターさんには
すごく貴重な情報だと思うので
必ず読んでくださいね。

 

はい、まず冒頭でお伝えしました
「ある実験」っていうのを言います。

 

その実験は、

 

「PR3のブログと更新頻度の高いPR0のブログの
文中からのリンクはどちらが効果があるか?」

 

っていう実験です(笑)

 

もっと具体的に言えば、

 

PR3で記事数25記事程度のほったらかし無料ブログ

PR0で適度に更新している記事数50記事以上の無料ブログ

 

以上のブログから手持ちのサイトに被リンクを送って
どっちのブログからのリンクが効果があるかを実験しました。

 

■ 結論から言います

 

結論から言えば、
後者の更新頻度の高いブログの勝ちです。

 

こちらのブログのほうが先に被リンクとして認められて
SEO的にも確かに効果がありました。

 

このことから分かることは、
サテライトサイトとしてブログを使う場合は
ページランクの高さよりも更新頻度が高い
ブログからのリンクのほうが強いってことになります。

 

KEN-Tは今までページランクを重視したサテライト構成をしていましたが
今回の実験の結果更新頻度のほうが重要視されることを知れたので
早速サテライトブログを適度に更新するようにしています。

 

KEN-Tは今サテライトブログが3つあります。
無料ブログが2つと賢威ブログが1つ。

 

どれも高い更新頻度を保っているので
サテライトブログとしてはかなり優秀だと思います。

 

もちろん、いくら優秀なサテライトがあっても
メインが秀でていないと意味がないので
そこらへんを考えてサテライトを作ってみてください。

 

アンリミテッドアフィリエイトでも
サテライトサイトの重要性が書かれていますが
まずは、メインコンテンツを強くしてください。

 

具体的にはメインブログを頻繁に更新して
単体でも検索エンジンで狙ったキーワードで表示できるレベル。

 

数字で言えば3ヶ月は更新を続けるようにして
ブログとしてコンテンツが充実してきてから
初めてサテライトを作るようにしてください。

 

いきなりサテライトサイトから作ってても
絶対に上手くいきません、絶対にです。

 

まずはブログを徹底的に作りこむ。
読者さんから相談メールが来るくらい作りこむ。

 

そして、ブログで教材をレビューしたときに
作成したサテライトブログから被リンクを送ります。

 

被リンクを送る際は文中からのリンクが一番効果があります。

 

例えば、メインブログでSIRIUSをレビューしたとします。

 

そのときの記事タイトルが
「SIRIUSレビューと特典案内」だとします。

 

そしたら、その記事に被リンクを送るんですね。

 

いいですか?
メインブログのトップページにリンクを送るんじゃなくて
記事ページにダイレクトにリンクを送ってくださいね。

 

こちらのほうが適切にリンクを送れますし
より自然な感じでリンクを送ることが出来ます。

 

これがサテライトブログの具体的な使い方です。

 

具体的というか
KEN-Tはこうやって使っています。

 

ただ、今はサテライトサイトにも
被リンクを送る必要があります。

 

要はサテライトサイトのサテライトですね。

 

これね、やると効果を感じることが出来ますが
実践し続けていくのはちょっときついかもしれません。

 

外注さんをやとえばラクなんですが
一人でブログを何個も更新していくのは
結構大変なものがあります。

 

KEN-Tも更新型のブログとメインブログを合わせれば
結構な数になりますし、これからも増やす予定なので。

 

だから、ちょっとラクをして
サテライトサイトに被リンクを送っています。

 

その方法がこれです。

 

これを使えば、
メインブログはもちろん
サテライトサイトにも被リンクを送ることが出来ます。

 

それに、国内のSBMサイトは結構知られていますが
海外のSNMサイトはまだ全然未開拓なので
今のうちに活用していれば強力な被リンクになってくれます。

 

アンビシャスカードを使って
あなたのブログはもちろん
サテライトサイトも海外ブクマして
相乗効果で一気にSEOパワーを手に入れませんか?

 

アンビシャスカードレビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちらのレビューサイトの方にまとめています。

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: