今日お伝えすることは
ライティングテクニックうんぬんではなく、
基本中の基本になります。

 

いっぱしのアフィリエイターさんなら、
3秒で飽きてしまいそうな内容になっちゃうかもですが、
それでも読んでもらえたら嬉しいです(ネガティブ思考)m(_ _)m

 

では早速。

 

ここ最近では、
ブログやメルマガを読んでいると
格段と読みやすくなってきてますね。

 

読みやすく書くというのは、
「究極の基本」なんですけど
読みやすく書くコツの1つに「改行」があります。

 

この改行の使い方なんですけど、
一文が横にダラーっと長いと読みにくいので
キリのいいところで次の段に書く。ってやつです。

 

伝えにくいので例文を。

 

私のハンドルネームはKEN-Tといって、去年の7月くらいから本格的に情報商材アフィリエイトを始めました。やっぱり始めた当初は思うように稼げませんでしたがくじけずに続けることによって「初報酬」というものをいただきました。あの時は心臓が飛び出るほど嬉しかったのを覚えています。

 

これ↑はもう読みにくさの極みですね(笑)

 

さすがにここまでの読みにくさを誇る記事は見かけませんが、
それでも少し前まではこんなミミズみたいな記事が結構ありました。

 

でね、ここままじゃいけないので
この文章に「改行」を使って
今以上に読みやすくするわけです。

 

こんな感じ↓

 

私のハンドルネームはKEN-Tといって、去年の
7月くらいから本格的に
情報商材アフィリエイトを始めました。

やっぱり始めた当初は思うように
稼げませんでしたが
くじけずに続けることによって「初報酬」というものをいただきました。

あの時は心臓が飛び出るほど嬉しかったのを覚えています。

 

これで、さっきよりかは
かなり読みやすくなりましたね^^

 

こんな感じで、
上手く改行を使えば
バリッと読みやすくなります。

 

あなたも「ライティングテクニックが~」の前に、
改行をマスターすることをおすすめします。

 

・・・ってこれじゃだめ。

 

まさかあなた、
さっきの「改行後」の文章を見て
(・∀・)< めっちゃ読みやすくなってる
とか思ってませんよね?

 

KEN-T目線で言えば、さっきの文章は
まだまだ読みにくい文章ですよ。

 

要は間違った改行をしちゃってるから、
妙に読みにくいんですよね。

 

改行とは読みやすくするための手段として有効なんですが、
間違った改行をしちゃうと読みにくさは倍増しちゃうんですね。

 

で、先程の文章は
さすがに読みにくさ倍増にはなっていませんが、
かなり読みやすくもなっていないわけです。

 

さっきの文章は、
KEN-Tだったらこう改行します↓

 

私のハンドルネームはKEN-Tといって、
去年の7月くらいから本格的に情報商材アフィリエイトを始めました。

やっぱり始めた当初は思うように稼げませんでしたが
くじけずに続けることによって
「初報酬」というものをいただきました。

あの時は心臓が飛び出るほど嬉しかったのを覚えています。

 

はい、どうですか?

 

パッと見、改行している数も減っていますが、
違和感なくスラスラ読めますよね?

 

ここで言いたいのは、
改行を増やすだけではダメだってこと。

 

文章として違和感があると、
読み手は疑問に思うわけです。

 

(・∀・)< なんか読みにくいな・・・

 

でね、一回そう思われてしまうと
元に戻すのが大変ですよ。

 

でもそれ以上に大変なのが、
「自分でも気付かない」ってこと。

 

つまり、間違った改行をしているのに、
自分じゃ正しいと思って書いているので
間違いに気付かないんですよ。

 

で、そんなアフィリエイターさんが結構います。

 

(ノ△T)< じゃあどうすればいいの?

 

はい、それでは解決策なんですが、
自分でも書いた記事を読み返してください。

 

自分で書いた記事を読者さん側に立って
ゆっくり読んでいくんです。

 

そうすることで・・・

 

「、」や「。」のタイミング

句読点が無い時の改行のタイミング

違和感なく最後まで読めるか?

文章として成り立っているか?

一文が変に長かったりしていないか?

 

など色々なことに気付くと思います。

 

「あれ?」って思ったら、
そこを修正してもう一回読みなおす。

 

これを繰り返すことで
誰が見ても読みやすい記事が書けますよ。

 

あ、今日の内容を見て
(・∀・)< KEN-Tすげぇ
とか間違っても思わないでくださいね^^;

 

基本中の基本なんで。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねがいします^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: