情報商材アフィリエイトって
ブログやメルマガの読者さんから
信頼されてなんぼの世界なんですけど、

 

その”信頼される”ために
「必要なチカラ」つまり、説得力なんですけど
それってあなたに備わっていますか?

 

あなたの周りに
こんな印象の奴っていませんか?

 

「なんかお前の言うことって
妙に説得力あるなぁ~」

 

こんな↑ことを思わせる
人ってのはあらゆる面で
すごく信頼がおけませんか?

 

例えば・・・

 

アクション映画の知識が
あほみたいにある友達が、

 

(・∀・)「○○○って映画の主演の○○○の
      演技がめちゃくちゃ格好良いよ」

 

(・∀・)「だって○○○っていう大スターを
      ずっとそばで見てきてるからね」

 

(・∀・)「でさぁ・・・・・・(以下省略)

 

あなたの友達が、
アクション映画に詳しくて
こんな情報まで話してくれてたら、

 

「アクション映画のことはこの人に聞こう」

 

こんな具合に
友達のことをより信頼しませんか?

 

もっと簡単に言えば、
ある分野であなたより詳しい人がいたら
その人を”その分野”では信頼しよう。

 

そして他の分野であなたより詳しい人がいたら
その人は”この分野”で信頼できるな。

 

この”信頼される”って
アフィリエイターにとって
かんなり重要な項目なんですね。

 

いくらメルマガ読者がいようが、
いくらブログアクセスが高かろうが、
この”信頼”がないと、

 

成約が取れないのはもちろん
セールスレターに誘導することさえ
困難になってきます^^;

 

だから、あなたの目的は
稼ぐとか稼がない以前に
”信頼”のされるアフィリエイターになってください。

 

信頼さえされれば
少ないメルマガ読者でも
少ないアクセス数でも

 

成約が取れることが出来る、
つまり稼ぐことが可能なんですね。

 

で・・・

 

信頼される条件なんですけど、
これはぶっちゃけ1つしかないです。

 

それは、説得力なんですけど
この説得力があるかないかで
あなたの信頼バロメーターが決まってきます。

 

説得力を積み重ねないと
信頼なんてされるわけないですし、
説得力も1日2日で出来ることでもありません。

 

そりゃあそうですよね(笑)

 

説得力ってのは、
長いスパンであなたという存在を作り上げて
そこに説得力を持たせて信頼を得るんですから。

 

短期間で
説得力なんか身につくわけないです^^;

 

しかも、間違った記事の書き方では
何カ月経とうがあなたに説得力は
全然身に付きませんよ。

 

いいですか?

 

ここでちょっと
話をまとめてみますね。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐためには?

 

メルマガ読者さんやブログ読者さんから
心の底から信頼されることです。

 

信頼されるには?

 

信頼されるような
説得力を持つ記事を
あなたが毎日毎日書き続ける。

 

間違った記事の書き方をしていては、
説得力をかもし出すような記事は
いつまで経っても書けませんよ^^;

 

説得力のある記事ってどんなの?

 

それは、
こちら↓のレポートをご覧になってください。

 

【ダテナカ★伝承者】
『説得力のある記事の書き方講座』
あなたのブログ・メルマガ読者を
(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン頷かせ
「あなたからしか買いたくない!」と言わせてしまう
意外と簡単な“4つのライティング奥義”

 

このレポートには、
あなたの記事に説得力をかもし出す
4つのライティング奥義が赤裸々に書いています。

 

奥義と言えども、
当たり前のことっちゃ
当たり前のことなんですけどね。

 

でも、この当たり前のことすら
ちょっとずれてて出来てない
アフィリエイターさんが多いのも事実です・・・orz

 

あ、ちなみに・・・

 

今回の記事では、
このレポートに書かれている
4つのライティング奥義のうち

 

「奥義1」と「奥義2」を
使わせていただきました^^

 

あなたには分かるかな?

 

このレポートを読んで、
あなたの日々の記事の
確認作業としてもおすすめなレポートですよ。

 

【ダテナカ★伝承者】
『説得力のある記事の書き方講座』
あなたのブログ・メルマガ読者を
(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン頷かせ
「あなたからしか買いたくない!」と言わせてしまう
意外と簡単な“4つのライティング奥義”

(↑↑↑無料でダウンロードできます)

 

もう1度聞きますね^^

 

あなたが書いてる記事って説得力ありますか?

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: