今日の内容はライティングとむっちゃ関わりがある
”リサーチ”についてお伝えしますので
もしあなたがライティングに悩める子羊であれば、

 

必ず目を通すように。

 

さて、
リサーチなんて言葉を使えばライティングではなく
マーケティングに関係ありありだと思われそうですけど、

 

確かにマーケティングにも関係ありますが、
実はライティングに対しても
すんごい関係があるってご存知でしたか?

 

「ん・・・しらね。」

↑こんなこと思っちゃだめですよ^^;

 

まずは、
リサーチって言葉の意味からお伝えしますが
これって要は”調べる”ってことなんです。

 

例えばですね、
ある場所にコンビニを建てようと
考えている田中がいるとします。

 

田中には
信頼できる部下がいて
その人の名前は鈴木です。

 

田中「なぁ鈴木よぉ、
   近々あそこに新しくコンビニを
   建てようと考えているんだけどどうかなぁ?」

 

鈴木「そうですね、あの通りは結構車も通りますし、
   16時以降は学生が頻繁に行き来しているので
   パンやおにぎりなどをメインに揃えれば十分イケますね^^」

 

田中「おぉ!お前もう”リサーチ”しているのか^^
   さすが俺の右腕だな。」

 

鈴木「そんなことないですよ。
   ライバルに勝つためには
   徹底的な”リサーチ”は常套手段ですよ^^」

 

はい。

 

田中と鈴木が話していた内容で
リサーチの意味はかなり掴めたと思います。

 

それと、最後に鈴木が言っていた、

 

「ライバルに勝つためには徹底的なリサーチが必要」

 

この部分。

 

このライバルに勝つとは、
アフィリエイトにおけるライバルとも言えます。

 

そのライバルに勝つには徹底的なリサーチ、
つまり”調べる量や調べる質”が大きく関係してきます。

 

ちょっとここで、
話をライティングに戻しますが
ライティングでなぜリサーチが重要か想像できましたか?

 

ライティングに関することで
リサーチするべきものってなにがあると思いますか?

 

・・・そう。

 

キーワードです。

 

アフィリエイトで
コピーライティングスキルが重要ってのは
KEN-Tの普段の記事を見ればわかりますが、

 

そのコピーライティングで
あなたに絶対に意識してほしいことは
この”キーワード”なんです。

 

それも、
ただのキーワードでは
全く意味がありません。

 

ただのキーワードではなく、
読み手が思わず反応してしまうような
興味を湧かせるようなキーワードです。

 

そのキーワードを、
記事タイトルや記事本文の中に散りばめることで
読み手が確実に反応してしまうポイントがあるんです。

 

ちょっと長くなるので
その”キーワード”については
次回お伝えしますね。

 

そのキーワードについての内容です。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: