読み手に優しい記事って
ストレスなく最後まで読めてしまいますよね?

 

では、
その記事って一体どんな仕組みなのか。

 

それを、
今回はお伝えしていきますね^^

 

まずは、前にお伝えしました
記事を書くときの最低条件をマスターしてください。

記事を書くときの最低条件とは?

 

まず最初に、
KEN-Tが思う優しくない記事は、

 

  • 漢字が多い
  • 対多数に向けて書いている

 

他にもありますが、
特に目立つのは主にこの2つですね。

 

漢字が多い

 

アフィリエイトって、
ライティングで読み手を共感させて
読み手に「購入」という行動を起こしてもらうんですね。

 

すなわち、
漢字をたくさん使用する必要はないんです。

 

これは時々なんですが、
「漢字検定2級とか持ってるの!?」的な
もう読めない漢字のオンパレードな記事を見ることがあります^^;

 

これじゃ、
読み手に伝えたいものも
伝わらなくなっちゃいますよね。

 

KEN-Tは、仕事上レポートなんかを
提出することがあるんですが
そのレポートには漢字めっちゃ使ってます。

 

そりゃあそうですよね、
上司に見られるんですから。

 

上司に見られるようなレポートを
ひらがなとかいっぱい使ってたら
あとで怒られちゃいますよ;;

 

でもでも、
アフィリエイトって上司とか
部下とか全く関係ないじゃないですか?

 

というか、
アフィリエイターって
全員個人経営の社長みたいなもんなんで。

 

だから、
難しい漢字なんか
使う必要なんかないんですね。

 

重要なのは・・・

 

読み手に共感させて、
読み手に行動してもらうこと。

 

記事内で、
「こんなに漢字書けるんだぞ」とか
自慢してもはっきり言って無駄なんで。

 

漢字なんて、
必要最低限使えばいいんです。

 

対多数に向けて書いている

 

こんな記事書いてたら、
稼げるようになるまで
相当な時間掛かっちゃいますよ^^;

 

よく言われることが、
「あなた」という言葉を
使えって言われてるんですが、

 

当たり前のことなんで、
ここじゃあ深くお伝えしませんね。

 

対多数に向けて書いちゃってる記事ってのは、
「あなた」って書いてたり、
「みなさん」って書いてたりする記事です。

 

これって、
よく考えてほしいんですが、
現実じゃあり得ない言葉遣いなんですね。

 

例えば・・・

 

ちょっと、あなたに伝えたいことがあるんですけど、
みなさんはどう思っているか分からないので
まずはあなたの意見を聞かせてもらっていいですか?

 

これって、
ぶっちゃけかなりおかしくないですか?

 

これは、「あなた」「みなさん」
ごちゃまぜにしちゃってるから
あべこべな文章になっちゃうんですね^^;

 

この場合は、
ただ「あなた」で統一しちゃえば、

 

ちょっと、あなたに伝えたいことがあるんですけど、
あなたはどう思っているか分からないので
まずはあなたの意見を聞かせてもらっていいですか?

 

ね、簡単でしょ?(笑)

 

今回お伝えしました、

 

  • 漢字が多い
  • 対多数に向けて書いている

 

この2つを改善するだけで
驚くほどあなたの記事が
読み手に優しくなること間違いなしです^^

 

本日のまとめです。

 

読み手に優しい記事とは?

 

まずは、漢字を最低限使うようにして、
ストレスなく読むことが出来る記事を
書くように心掛けてください。

 

それに合わせて、
極力個人に向けて書く手紙だということを
意識しながら書くようにすること。

 

「あなた」と「みなさん」とか
混ぜたら駄目ですよ^^;

 

今回お伝えした内容も
最低限守ってほしいことなので、
ビリビリ破らないでくださいね。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: