前回は、
コメント周りより大切なことをお伝えしましたが、
今回はそれ以上に大切なことです。

 

前回の記事はこちらです。

コメント周りより大切なことって?

 

さてさて、
前回の記事を読んだのを前提でお話ししますが
訪問者の役に立つような記事を書くには、

 

やはり多少なりとも
ライティングスキルって
必要になってきます。

 

でも、最初のうちは
ライティング教材を買わないで
他のアフィリエイターさんの記事を見る方が良いと思います。

 

KEN-Tも他のアフィリエイターさんの
ブログなどにお邪魔して記事とかを見るんですが
やはり「この人のライティングは上手いな」って、

 

思わせるアフィリエイターさんってのは
なにかしら惹きつけられるものがあるんですね。

 

それは、
その人だけの独自性を追求したライティングなんですけど
教材には載ってないような事も学べるので、

 

他のアフィリエイターさんの
記事を見て周るってのもおすすめします^^

 

で・・・

 

ここからが本題なんですけど、
もう言わなくても分かると思うし
KEN-Tも何度も言いたくないのですが、

 

あなたの書いた記事は、

 

読まない

信じない

行動しない

 

これが当たり前であり、
アフィリエイターの壁でもあるんですね。

 

でも、
今回あなたにお伝えするのは
「読まない」以前の問題である、

 

見すらしてくれない状態。

 

これを打破する
ライティングをお伝えします。

 

とまぁ偉そうなことを言いましたが
これってライティング以前の問題なんですね^^;

 

例えば・・・

 

情報商材アフィリエイトっていうのは、一般的にPDFと呼ばれる電子書籍のようなもので、これをまずはあなたが仕入れていって良いものか悪いものなのかを検証してレビューしていきアフィリエイトするんですね。情報商材は1件成約を取ることが出来れば報酬も高額なものが多いので情報商材アフィリエイトはおすすめします。

 

訪問先のブログが、
こんな書き方だと
正直げんなりしませんか?

 

ちなみにKEN-Tがこんな記事を発見したら
まぁ当たり前ですが読みませんし、
ぶっちゃけもう訪れないと思います。

 

だって、
めっちゃ読みにくいですもん。

 

上記の例は、
ちょっとひどい書き方ですので
最低でもこうやって書いてくださいね

 

情報商材アフィリエイトっていうのは、
一般的にPDFと呼ばれる電子書籍のようなもので、
これをまずはあなたが仕入れていって、

 

良いものか悪いものなのかを検証して
レビューしていきアフィリエイトするんですね。

 

情報商材は1件成約を取ることが出来れば
報酬も高額なものが多いので情報商材アフィリエイトはおすすめします。

 

ここでのポイントは、
3行書いたら空けるということと、
「、」で段落を付けるということです。

 

人間って左から読み始めるので
キリの良いところで段落を付けて
再度左から読ませることで、

 

ストレスを感じることなく
読んでもらうことが出来るんですね。

 

これが、
左から右端までズラーッと続いてしまうと
目が疲れてしまうんですね^^;

 

それに、3行書いたら
一旦「。」で文章を終わらせるんですね。

 

そこで読み手に、
一時の休憩時間を与えるわけです。

 

そして再度読ませて、
もう一回休憩してもらう。

 

そんな感じで
休ませながら
記事を読んでもらうんです。

 

これって、
絶対に当たり前のことだと思うんですが
出来ていない人って結構多いのが現状なんですね。

 

でもですね、
こういったライティングに関する問題点ってのは
あなたが自分で気付くまで誰も指摘してくれないんです。

 

そりゃそうですよね。

 

だって、
わざわざメールとかで、

 

「あなたの記事の書き方、
ちょっと読みにくいから
勉強した方が良いよ」

 

とか、絶対に言えないし、
言われたくもないですよね?

 

だから、
今回お伝えした
記事を書くときの最低条件に関しては、

 

あなたが自分で気付くまで
誰も何も言ってはくれませんよ。

 

本日のまとめです。

 

ライティング教材を購入する前に

 

まずは、
他のアフィリエイターさんの
ブログの記事を見まくってください。

 

そこには、必ず
あなたのライティングスキルを上げる
要素がいっぱい詰まってると思いますので^^

 

記事を書くときの最低条件とは?

 

記事って基本的に
読みやすいのが大前提なんで、
極力ストレスを与えない書き方が必要になってきます。

 

だから、
最低限3行書いたら一旦「。」で区切って
終わらせてから次を書いていく。

 

そんで、
1行にだらだら書くんじゃなくて
「、」の付く場所で次の行に続きを書く。

 

これは、
読みやすい記事を書く上で
最低条件なので必ず守ってくださいね^^

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: