前回の記事の内容は覚えていますか?

前回は中二病・・・じゃなくて(笑)、
漢字の使い方についてでしたね。

下手に漢字を使いすぎると、
逆に読みにくくなってしまうし
普段使わない漢字を使うと中二病と思われてしまう・・・。

というなんともコワイコワーイ話でした。
まだ読んでない場合は読んでくださいね。

前回の記事はこちら

 

今日は前回に引き続き(でも、前回よりコピーライティング寄りに)
「すごさ」を一発で分からせるテクニックです。

このテクニックはアフィリエイターなら超得意分野ですね。

私も結構得意ですし、
このメールを読んでるあなたも得意だと思います。

 

はい、以下の言葉を使うだけで「すごさ」が伝わります。

・史上初めて
・唯一の
・尋常じゃない
・売上新記録
・成約数ダントツ一位
・3ヵ月連続
・【速報】が止まりません
・etc…

という感じで見ただけで「すげーコイツ!」と思われる文章を書けば
一発で「すごさ」を伝えることができます。

 

これに関してはアフィリエイターのレビューページとかを読むより、
情報商材のセールスレターを読んだほうが分かりやすいですね。

『セールスレターには、
 それはもうあり得ないほどに魅力的なキャッチフレーズが
 尋常じゃないくらいに羅列しているので。』

↑↑↑

これも「すごさ」を見せつける文章です(例文)。

 

ただ、これは使い方に気を付けてください。
具体的にいえば「ここだ!」と思った部分のみに使うようにしないと、
連発で使えば「すごさ」の効果は薄まり文章自体がチープになってしまいます。

それでも使い続けると
あっという間に「胡散臭いページ」の完成(笑)
だーれも見てくれませんよ。

今日は「すごさ」を伝えるテクニックでしたが
本来(というか理想)は、こういう文章を使わずに
すごさを伝えることです。

 

要は、自分が書く文章自体が説得力抜群な状態ですね。
ここまで読者さんを教育することができれば
小手先のテクニックなんか使わなくても「すごさ」を伝えることができます。

・時間を掛けずに「すごさ」を伝えるか?
・はたまた、時間を掛けて「すごさ」を伝えるか?

はあなた次第です。
(私なら後者がいいかな~)

 

PS.

「後者?じゃあ今日の記事の内容は・・・?」
なんて思わないでくださいね。

あくまでこういうテクニックがあると思っていてください。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: