先日から公開しているコレ

過大評価はしませんが、
そこそこ盛り上がっております。

そこそこって表現が逆にリアルですね(笑)

 

■ 教える側にメリット無いじゃん

前回お伝えした「コピーライティング向上チーム」は、

「コピーライティング好きが集まって、
自分が勉強しているライティングテクニックやその他の手法を
知りたい人に雑談をしながら教えてお互いにスキルアップ」

がメインとなる目的です。

これがメイン目的なんですが、
こう書いちゃうと確かに教える側に
メリットらしいメリットがないように見えますよね?

ところがどっこい。
それは大いなる勘違いです。

 

まずはインプットとアウトプットから説明しますね。
(ウザッと思った場合はちょびっとスクロールしてください)

インプットというのは、
自分が覚えるために新しい知識を吸収することです。

小学生低学年が今まで足し算しかやってなかったけど
新しく引き算を覚えようとする。

これも同じく「新しい知識」になるので、
同じくインプットになります。

要は、勉強することをインプットと覚えてください。

 

そして次にアウトプットですが、
これはインプットして覚えたことを誰かに教えることです。

例えば教師。

教師というのは、自分が勉強したことや学んだことを
授業というフィルターを通して学生にアウトプットしているんですね。

他にも、ちょっと頭が良い生徒が他の生徒に教えてあげる。
こういう行為もアウトプットになります。

 

で、このインプットとアウトプットですが、
ビジネス上ではアウトプットのほうが大事だと言われております。

インプットしただけでは不十分な知識でしかありませんが、
それを他人に教える(アウトプット)ことで、
より強固な知識にすることができるからなんですね。

 

はい、ここまで。
ウザッと思った方はここでスクロールストップしてください。

 

最初のほうに、

「コピーライティング好きが集まって、
自分が勉強しているライティングテクニックやその他の手法を
知りたい人に雑談をしながら教えてお互いにスキルアップ。」

もっとクローズアップすると、

「知りたい人に雑談をしながら教えてお互いにスキルアップ。」

つまり、知りたい人は教えてもらってインプットができて
知りたい人に教えることでアウトプットができるんです。

それ以外にも、知りたい人に教えることで
「この人はコピーライティング関連は詳しいなぁ」
と名前を覚えてもらってブランディングすることができるので、
今後のビジネス展開が非常に有意義になっていきます。

・・・と、こういう感じで
私的にメリットしかないと思っているんですがいかがでしょうか?

もちろん、ビジネス的にいえば上記のようなメリットが目立つんですが、
私的にはそれ以外にも素晴らしいメリットがあります。

 

それは、

「みんなでやったほうが楽しいに決まってるじゃん!」

です(笑)

アフィリエイトはビジネスなので楽しさを求めるのはタブーですが、
つまんねー作業を繰り返していては続けられるものも続けられなくなっちゃいます。

パソコンでお金が稼げると聞いて
ワクワクしながら始めたアフィリエイトが
いつの間にかつまんねー作業に変わってる。

こんなのはいやですよね?
少なくとも私はいやです。

 

つまんねー作業を継続するより、
みんなでやったほうが楽しいに決まってます。

だからコレを企画したんですよ。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: