稼ぐためにはブランディングが
何よりも大切だということは既にご存知だと思いますが、
そのブランディングを強固なものにするのに必須なのがライティングです。

 

今回から講座と題して、
実際にKEN-Tが日々記事に織り交ぜている
確実に反応が取れる売れるライティングを伝授していきますね^^

 

Are you ready?

 

第1回目は、

 

ティーザーライティング

 

です。

 

ティーザーとは焦らすという意味で
あることをいきなり伝えず断片的に
伝えて本質を明らかにしないという意味です。

 

つまり、ティーザーライティングとは
本来伝えるものを伝えずに関連するものだけを
伝えて注目を与えるライティング術のことです。

 

例えば、
あなたがアンリミテッドアフィリエイトを
アフィリエイトしたいとしますよね?

 

その場合、いきなりアフィリエイトしても
全く反応が取れないのでまずはその周りから攻めていきます。

 

最初はアフィリエイトって何?からはじまり、
情報商材の説明や稼ぐには軸となる教材が必要だということも伝えて
肝心なアンリミテッドアフィリエイトには全く触れないようにするんですね。

 

その際注意してほしいのが、
記事に売り込み色を
決して出さないようにしてください。

 

読者さんは
売り込みを激しく嫌います。

 

いくら有能な記事でも
最後にアフィリリンクがあったら
正直げんなりしてしまいます^^;

 

いいですか?

 

最初はとにかく与えることです。

 

自分の利益など考えずに
今自分が知っているノウハウを
がんがん提供して読者さんに与えるんですね。

 

「これ伝えちゃまずいかなぁ^^;」

 

って思うことも、
遠慮なくどんどん記事に
盛り込んでいくんですね。

 

最初はとりあえず情報を与えて
読者さんにリピーターになってもらうんです。

 

それだけでブランディングにもなりますし
アクセスアップにも繋がってより多くの訪問者さんがやってきます。

 

この時のコツですが、
がんがん情報を提供するのですが、
肝心な教材には一切触れないようにするんですね。

 

すると、いつのまにか読者さんは・・・

 

「この人の記事めちゃ勉強になるなぁ」

 

「どこでこんなノウハウを手に入れたんだろう」

 

「うわぁ気になるなぁ^^」

 

って思ってきちゃうんです。

 

でも、まだアフィリエイトはしないでください。

 

まだ焦らすんです。

 

焦らして、
読者さんから
問い合わせが来るくらい徹底的に焦らすんです。

 

それが、

 

ティーザーライティングなんですから。

 

徹底的に焦らした後に
どんっとアフィリエイトをします。

 

すると、ダムが崩壊したみたいに
勢いよく水つまりそれまで焦らされていた
読者さんがダァーッとやってきます。

 

焦らす期間が
長ければ長いほど
その勢いは激しくなります。

 

あなたもいきなりアフィリエイトをせずに
まずは焦らしてみてはいかがでしょうか?

 

ただアフィリエイトするより、
きっとたくさんのアクセスを呼び込みますし、
それに伴い成約数も伸びるかもしれませんし。

 

一つ気をつけてほしいポイントは
焦らす期間に気をつけてください。

 

あまりに長いと
飽きられてしまう恐れがあります。

 

でもそのリスク以上のリターンが
帰ってくるので非常におすすめです。

 

次回は、今回話したティーザーライティングを
より加速させる強力なライティング術をお伝えします。

 

上の文章を見ても
次回が予想出来ませんよね?

 

これが・・・

 

焦らしです(笑)

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: