今日お伝えすることは、
「普通は出来てて当然なこと」なんだけど、
「まだまだ出来てない人が多すぎる」と思ったので
文章にしてあなたにお伝えします。

 

コピーライティングをいくら学んでも、
先輩アフィリエイターさんを意識していては
「読まれる記事」なんていつまで経っても書けませんよ・・・。

 

まず、最初に言っておきたいことで、

 

「先輩アフィリエイターさんは
後輩アフィリエイターの記事を滅多に見ない」

 

という、絶望的な事実があります。

 

極端に言えば、
私は私より後にアフィリエイトを始めた
アフィリエイターさんの記事は滅多に見ない、ってことです。

 

そして、私より先に始めたアフィリエイターさんは
私の記事は滅多に見ないことになります。

 

もちろん、コメント返しや気になるタイトルの場合は
全部見るようにしていますが
基本的には隅々まで見ることはあまりありません。

 

なのに。

 

自分より先輩アフィリエイターさんは記事を見ないのに、
先輩アフィリエイターさんを意識しまくってる記事ばっかです。

 

どうも、背伸びをして記事を書いてる人が多いのかな?

 

「出来るだけ高度なことを書きたい」って思ってて
結局は読者さんを置いてけぼりな記事になりがちです。

 

いいですか?
基本的に読者さんはあなたより後輩な場合が多いです。

 

あなたのブログやメルマガを頻繁に読んでくれているのは
基本的には後輩アフィリエイターさんの場合が多いです。

 

だからね、記事を書く際は
後輩が読んでも理解しやすい記事を書く必要があります。

 

書く必要っていうか「必然」ですね。
絶対に理解しやすい記事を書いてください。

 

あなたが先輩を意識し過ぎるあまり
濃い読者さんを無視しています。

 

ちょっとしたデータがあるんですが、聞いてもらえますか?

 

私の購入者さんについてなんですが
ほとんどの購入者さんは私より後輩な場合が多いです。

 

中には「こんな人がKEN-Tから?」と思っちゃうほど
有名なアフィリエイターさんもいますが
基本的には後輩アフィリエイターさんが多いです。

 

もう分かりましたよね?

 

あなたの記事を頻繁に読んでくれるのも、
あなたのレビューする教材を購入してくれるのも、
ほとんどの場合が後輩アフィリエイターさんです。

 

だから、先輩アフィリエイターさんを意識しないで
毎日の記事を更新していく必要があるんですね。

 

例えばね、私が他のブログに訪れたときに、
明らかに私より後発組なブログコンテンツなのに、
書いてる記事が変に背伸びしていると気分が落ちます。

 

何か「頑張ってる感」がこっちにまで
ひしひしと伝わってきてしまうんですよね・・・。

 

読む側に「頑張ってる感」が伝わっちゃうと
もう一瞬であなたのことを見切ってしまいます。

 

「あぁ、もうこのアフィリエイターさんはいいや・・・」

 

こんな感じでほんと一瞬で見切られます。
こうなったら危険です。

 

だからこそ、読者さんを置いていってしまう
記事は書いちゃだめなんです。

 

出来るだけというか、絶対に読者目線を貫いてください。

 

「こんな初歩的なことは別に書かなくても・・・」
なんて思わず書いて書いて書きまくってください。

 

厳しいことを言ってしまえば、
どんなことを書いても、
どうせ先輩は読まないんですから。

 

「読むのは後輩だけ」と常に思っててください。

 

そう思うだけでも、
もっと分かりやすく書こうって思いませんか?

 

常に分かりやすく書くよう意識するだけでも
一気にライティングスキルって上がるものです。

 

一気にスキルが上がってしまえば
それを武器にアフィリエイトで稼げるようになります。

 

私もアフィリエイトで稼ぐのであれば
一番最初は絶対にコピーライティングを学びますし。

 

私ならネットビジネス大百科で
コピーライティングをゼロから学びます。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

今までいくつものライティング教材を見てきましたが
結局はこの教材に戻ってきてしまいます。

 

それだけ、素晴らしい内容なので。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

KEN-Tの本音が聞ける裏メルマガはいかがですか?

ブログや当メルマガではとてもじゃないけど
言えないような本音や秘匿性の高い情報を
裏メルマガ限定で配信しています。

裏メルマガ購読はこちら

(詳細はこちらをクリック↑)

「KEN-Tの本音を聞きたい」
こんなアフィリエイターさんをお待ちしています。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: