先日ブログレイアウトに関するレポートを発表しましたが
なかなか好評な様で少し安心しました。

 

安心してたら読者さんより
メールをいただきましたので
今回はそれに答えたいと思います。

 

読者さんからいただいたメール内容を凝縮すると、

 

「ブログの見た目と、
コピーライティングはどちらが重要ですか?」

 

という内容です。

 

最初にこのメールをいただいたときは、
「あ、この読者さんは新規の人だな」って思いました。

 

新規の読者さんからメールがいただけるのはかなり幸せなので、
どう伝えていいか悩んだんですが、結局最終的には、

 

「コピーライティングに決まってます」

 

と書いて送信しました。
(実際にはもっと具体的にですよ(笑))

 

確かにブログレイアウトも大事です。

 

やっぱりブログはアフィリエイターさんの顔なので
出来るだけ綺麗で見やすいレイアウトのほうが良いに決まってます。

 

けどね、コピーライティングはもっと大事だって。

 

もう1回言いますね。

 

ブログレイアウトよりコピーライティングのほうが大事です。

 

KEN-Tもブログレイアウトにはこだわりがあって
今のブログレイアウトに落ち着くまでは
かなり悩みましたね。

 

「もっと読みやすいレイアウトはどんな感じかなぁ」
「読者さんが長居してくれるにはどうしたらいいかなぁ」

 

こんな感じで、
ず~っと悩んでいたんですね。

 

でもさ、やっぱりブログレイアウトが良くっても、
書かれている文章に魅力を感じないと
最終目的である「成約」にはなかなかたどり着けません。

 

KEN-Tもね、今まで数百を越えるブログを見てきました。

 

中には、見た目が・・・なブログとか、
見た目綺麗だけど記事内容が・・・なブログとか
そりゃあいっぱい見てきましたよ。

 

いっぱい見てきたなかで結局印象に残っているブログは
「書いていることが面白くて斬新」なブログだったり
「見た目まぁまぁで記事が最高」なブログだったり
要は記事が読みたくなるブログだけが印象に残っています。

 

で、こんなブログを見つけたら
しれっとお気に入り登録してちらちら足運んでいますし(笑)

 

アクセス解析に、
「不詳(ブックマーク等)」が多かったら、
もしかしたらKEN-Tかも知れません。

 

ここまで言えばもう分かりましたよね?

 

ブログレイアウトも大事。
だけど、コピーライティングはもっと大事。

 

KEN-Tも、コピーライティングを学んで
稼げるようになったアフィリエイターの一人です。

 

だから、コピーライティングの可能性とかは
人一倍感じてるし、人一倍魅力を伝えれます。

 

というか、これで仮にKEN-Tが
報酬0だったら今書いてることも説得力0になっちゃいますし。

 

まぁそれはないのでご安心を(笑)

 

でね、今までのことをまとめるとね、
「コピーライティングを学んで記事を書けば
読者さんがお気に入り登録してくれて
こまめにブログを見てくれるようになります」

 

これ↑がまとめです。

 

そして、そうなるために必要なのが
ネットビジネス大百科です。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

はい、お決まりのパターンになっちゃいましたが、
この教材が最高なんだからしょうがないんですよね。

 

KEN-Tのブログやメルマガを読んでくれてる読者さんのためにも
本当に良いものを全力で紹介したいのは当然っちゃ当然なんですから。

 

「読者さんに最高を味わってもらう」

 

KEN-Tはこれをモットーにアフィリエイターやってますし。

 

そういった(最高を味わってもらう)意味では、
ネットビジネス大百科は最高級のステーキに値します。

 

KEN-Tは肉が好きなのでステーキに例えましたが
寿司が好きだとしたら、最高級の大トロに値します。

 

あ、もちろんですがネットビジネス大百科は食べれませんよ?
食べ物で例えたらそれくらい高級で美味しいってことです。

 

KEN-Tのこの熱い気持ち。
ぜひともあなたに受け取っていただきたい。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

KEN-Tの徹底的なライティングサポートで
あなたの文章を飛躍的に向上させます。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちらのレビューサイトの方にまとめています。

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: