色々なブログで
「今コピーライティングブームです」
書いていました。

 

なので、KEN-Tもブームに乗っかって
コピーライティングについて書いていきます。

 

今回お伝えするのは
「間違ったコピーライティング」についてです。

 

■ 間違ったコピーライティングとは?

 

コピーライティングは間違いないんですが
小難しい印象を与えてしまうかもしれないので
ここでは、「コピーライティング=記事の書き方」でいきます。

 

つまり、間違った記事の書き方ってことですね。

 

間違った記事の書き方、
それは、「他人を落として自分を上げる書き方」です。

 

これ↑はすんごく大まかに言っているんですが
おおよそ意味は分かると思います。

 

他人を落として自分を上げる書き方っていうのは、

 

「周りのアフィリエイターのレビューの仕方を見ると、
正直まぁまぁだとは思いますが、私のレビューでは
しっかり検証した結果も書いているのでとても参考になりますよ」

 

露骨に書くとこんな感じですね。

 

上記の文章だと、
他のアフィリエイターさんを「まぁまぁ」で落として、
自分自身を「検証した結果~」で上げています。

 

その結果、私のほうが参考になるレビューを書いています、と
客観的にアピールしているわけです。

 

こんな書き方では、
濃いファンこそ集まるかもしれませんが
大多数の人に嫌われる可能性があります。

 

毒づいた記事もほどほどにしておきましょう。

 

■ じゃあどんな記事を書けばいいのか?

 

こんな疑問を持つかもしれないので
「こんな記事を書けば良いよ」とアドバイスしておきます。

 

「面白い(ユニークな)記事」

 

たまたま訪問した人が
ワクワクするような記事。

 

偶然発見した人が
お気に入りに入れてくれるような記事。

 

ツイッターでつぶやいてくれそうな記事。

 

そんな面白い記事を書いてください。

 

前に戻りますが
どうして、他人を落として自分を上げる書き方だと
濃いファンが増えると思いますか?

 

それは、アンチ的な記事は単純に面白いからです。

 

「あの教材はくそだ」
「●●塾は詐欺だ」

 

こんな危ない内容の記事は
読んでて面白いんですよね。

 

だから、濃いファンが集まるんです。

 

先程、面白い記事を書いてください、と言いましたが
アンチ的な記事を増やせってことじゃないですよ。

 

他のものを批判しないような内容で
なおかつ面白い(ユニークな)記事を書くこと。

 

それが読者(ファンを)増やす一番のテクニックです。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちらのレビューサイトの方にまとめています。

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: