情報商材アフィリエイトを
ブログやメルマガなどの媒体を使って実践するには、
読者さんや訪問者さんに記事を読んでもらう必要があります。

 

でも、あなたの書く記事が分かりにくかったりしたら、
一度読んだ読者さんって言うのは、
リピーターにはなってくれないんですよね。

 

最低でも、あなたの書く記事を
最後まで読んでいただいて
出来る事なら更新する度に読んでいただきたい。

 

このくらい↑頻繁に、
あなたのブログやメルマガを読んでくれるような
濃い読者さんを増やす必要があるんです。

 

小手先のアクセスアップツールとかを使って
一時的にアクセスを大量に集めたところで、
記事に「理解しやすさ」がないと意味が無いので。

 

なので、今回は「小学6年生でも分かる」ような
分かりやすい記事の書き方をレクチャーしていきます。

 

(ノ△T)< 記事の書き方に悩んでいるんだよね
ってあなたには、うってつけの記事です。

 

分かりやすく書く方法

 

まずは、分かりやすく書く方法からです。

 

これは、「一人に向けて書く」と、
分かりやすく伝えれる記事が書けるようになります。

 

今更当たり前のこと言うんですけど、
大人数に書かれている記事がかなりあるんですよね。

 

要はあなたが書く記事を伝えたい人っていう、
「ターゲット像」がまだなっていないんです。

 

ここ↑がぼんやりしていると、
どうも分かりにくい記事を書く傾向にあります。

 

一人に向けて書いた記事ってのは、
読者さんに「圧倒的な共感」を誘うことが出来ます。

 

読者さんにとって、
圧倒的な共感を体験していただけたら
次回から必ずといっていいほどリピーターになってくれます。

 

その理由は、
共感させる記事を書けば書くほど、
そのアフィリエイターさんが気になってしまうんですね。

 

「読者さんから強烈に気になる存在」

 

これ↑を普段から、
ブログやメルマガで発信していくんです。

 

そのために必要なのが、
一人に向けて書くという方法です。

 

まぁ方法というくくりで言うのもあれですけど、
どうもこういった「方法」とか「テクニック」
くくったほうがグッとするみたいなんですよね。

 

ほんとはそんなのに、
こだわってほしくないんですけど。

 

徹底的に分かりやすく書く方法

 

分かりやすく書く方法は、
「一人に向けて書く」ということを
お伝えしました。

 

次は、「徹底的に分かりやすく書く方法」をお伝えします。

 

では寄り道なしでズバッと言います(笑)

 

例文を出すこと。

 

これが、徹底的に分かりやすく書く方法です。

 

(・∀・)<それだけ?
と思われてもしょうがないんですけど、
それだけなんでごめんなさい。

 

確かにね、色々な方法とかテクニックとかありますけど、
簡単な文章スキルが備わっていないのに、
高度なテクニックを伝えても宝の持ち腐れになる確率が高いです。

 

そうなるくらいなら、
速攻で記事に反映できて、
速攻で反応が返ってくる「ワザ」の方が良いです。

 

それに、意外と例文を使って
記事を書いているアフィリエイターさんはいません。

 

例文とは、物事を伝える時に、
他の言葉や文章に置き換えて
読者さんに分かりやすく伝えるために使います。

 

実はこの記事にも
使ってるんですけど気付いてくれたかな?

 

この部分です↓

 

なので、今回は「小学6年生でも分かる」ような
分かりやすい記事の書き方をレクチャーしていきます。

 

ここの文章は、
「小学6年生でも分かる」
わざわざ強調して書いています。

 

この文章がもしこんな感じ↓だとどう思いますか?

 

なので、今回は誰でも分かるような
分かりやすい記事の書き方をレクチャーしていきます。

 

「誰でも分かる」だと、
(・∀・)< 誰でもって、どこまでの人が分かるの?
と、読者さんに疑問を持たせてしまいます。

 

本来は、読者さんに伝えたいことがあるから
記事を書いているわけで「伝えたい事以外の場所」
読者さんに考えていただいてはいけません。

 

なので、ここは「小学6年生でも分かる」
例えの文章を入れ込んで説明しているんですね。

 

最初は猿でも分かると書こうとしましたが、
どう考えても猿に文章は理解できないので
ちょっとぶっ飛んでるなと思い書きませんでした(笑)

 

KEN-Tは、こちらのライティング教材で、
コピーライティングというものを学びました。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐには、
「人を惹きつける文章」が必要不可欠です。

 

ネットビジネス大百科で
多数のアフィリエイターから抜け出して、
強烈な惹きつける文章を身につけませんか?

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねがいします^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: