え~っと、
あなたの配信する記事って
ブランディングを狙ってる記事ですか?

 

でも、そんな書き方してたら
あなたの信頼ガタ落ちになっちゃいますよ・・・。

 

ちょっとブログ周りをしていたら、
(・∀・)< おいおい、これやばいっしょ・・・
的な記事を発見してしまいました。

 

今日の内容は、
その人に向けてのお手紙です。

 

(・∀・)< じゃあ俺関係ないわ
って思ってないですか?

 

あなたのことかもよ(笑)

 

あ、先に言っておきますが、
ちょっぴり辛口デス。

 

では。

 

あのですね、
ブランディングが大切って知っていますか?

 

もう耳が腐るほど聞いたと思うんですけど、
知らない人から教材を買いたいとは思いませんよね?

 

知らない人=ノーブランディンガー(造語)

 

アフィリエイトを始めた当初は
誰もあなたのことを知らないので
まずは知ってもらうことから始めます。

 

まぁこれは当たり前です。

 

んで、最初は少しでも認知度を上げるために、
コメント周りとかをして知ってもらいます。

 

コメント周りを続けることで
他人からちょっとレベルアップして
ご近所さんくらいにまでなりますね。

 

これではアフィリエイトしても
誰も買ってくれないし見向きもしてくれないので、
最低でも「ちょっとすごい人レベル」までレベル上げします。

 

例えば・・・

 

SEOをあほみたいに勉強(インプット)して、
ブログやメルマガで知ったことを配信(アウトプット)する。

 

要は、自分で学んだことを
記事にして読者さんに伝える。

 

この姿勢↑が大事なわけで、
この繰り返しがブランディングなわけです。

 

繰り返して繰り返して、
ブランディングを高めていき
あるタイミングでアフィリエイトをするんです。

 

そしたら売れます。

 

で、その「あるタイミング」が
無料レポートやオファーを紹介して
実際にダウンロードされた時です。

 

これが不思議なんですけど、
ブランディングが整っていなかったら
いくら無料でも全くダウンロードされないんですね。

 

だから、こういった無料でも
ある程度ダウンロードされるようになれば
それは「アフィリエイトしてもOK」なサインなわけです。

 

ってKEN-Tは考えています。

 

繰り返しますが、
ブランディングってのは
「ちょっとすごい人レベル」を目指せばいいんです。

 

なので、あなたの媒体(ブログやメルマガ)では、
あなたが一番すごい人でもいいんですよ。

 

読者さんも、
そう思いながら
記事を読んでるんですから。

 

なのにね、こんな書き方↓をするから、
逆ブランディングになっちゃうんです。

 

「他のアフィリエイターに依存してる書き方」

 

これね、ダメっすよ><;

 

だって、あなたが一番じゃなくなってるし。

 

(・∀・)< ●●●さんはかなり凄い人です
       でも私も負けませんよ。

 

こんな書き方してたら、
あなたの読者さんはどう思いますか?

 

きっと・・・

 

(・∀・)< へぇ●●●さんは凄いんだぁ・・・
       じゃあ今度からそっちの記事見ようっと。

 

はい、こうなっては後の祭りです。

 

売れるものも売れないし、
売れたはずの物も売れなくなります。

 

簡単に言えば、
「あなたが自分で読者さんを逃がしてる」
これ↑該当するアフィリエイターさんいますよ。

 

いいですか?

 

凄い人はいっぱいいます。

 

でも、その人たちのことは、
わざわざ記事にしなくていいんです。

 

心の中に閉じ込めておきましょう。

 

意味分かるかな?

 

他人と自分を比較しないでください。

 

そんな比較したって何も変わらないし、
言うたらマイナスな印象を与えてしまうだけです。

 

あなたの媒体では
あなたが一番なんですから、
「他人に依存した記事」は書かないように。

 

伝わったかな?

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねがいします^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: