今回の記事は、
一筆両断が嫌われる理由を発見しましたので
それをちょっとここで暴露してみたいと思います。

 

もうすでに、多くのアフィリエイターさんが
一筆両断のレビューをしていますので、
ある程度教材の概要は理解できているかもしれませんが、

 

ここで、
もう1度一筆両断のおさらいです。

 

まず、一筆両断は・・・

 

「コピーライティング教材」です。

 

んで、もうお分かりかと思いますが・・・

 

「インフォプレナー向けの教材」です。

 

簡単に言えば、
アフィリエイター向けの教材じゃないです。

 

もちろん、
ライティングの括りでいえば、
KEN-Tたちアフィリエイターにも少なからず、

 

学ぶことが出来ますが、
これを読んだ瞬間から・・・ってのは無理です。

 

だって、
単純に書いてあることが複雑すぎです。

 

値段の安さにつられた
初心者アフィリエイターさんにとっては
ぶっちゃけしんどい内容だと思います。

 

でもそんなのは、
嫌われる要素でも何でもないです。

 

一筆両断が嫌われる
もっともな理由は、
レビューするアフィリエイターにあります。

 

「なんで
アフィリエイターが原因なの?」

 

単純に言えば、
中身がスカスカなレビューが多いんですね^^;

 

例えば・・・

 

「Mr.Yは12臆3000万円をコピーで稼いだ」

「名だたる情報起業家が推薦文を書いてる」

 

こんなキャッチコピーは、
セールスレターに書いてます。

 

だから、
アフィリエイターが
わざわざ記事にする必要はないんです。

 

あ、もちろん書くなとはいいませんが
あまりにも単調な書き方が多いので^^;

 

それと、
読み手が1番知りたいのは、
教材の概要とかじゃなくて、未来が知りたいんですね。

 

未来、つまりベネフィットの部分です。

 

ベネフィットとは、
メリットが想像出来るような言葉のことです。

 

例えば・・・

 

「ダイエットで7キロ痩せた」

 

この文章では、
「7キロ痩せた」
メリットなのでベネフィットではありません。

 

この文章を読んだ時に読み手というのは、
「7キロ痩せた」という結果じゃなくて
「7キロ痩せてどうなったか?」という未来が知りたいんです。

 

んで、
その未来が知れる言葉をベネフィットと言います。

 

だからさっきの文章に、
ベネフィットを加えるとしたら、

 

「ダイエットで7キロ痩せて、
彼氏から”お前綺麗になったな”と言われた」

 

この”お前綺麗になったな”
ベネフィットなんです。

 

こういった感じで、
ただ教材のメリットなどを伝えるんじゃなくて
教材を購入してどうなったかなどの未来を伝えるんです。

 

一筆両断でいえば・・・

 

「一筆両断を購入してどうなったか?」

「一筆両断を実践してどうなったか?」

 

ここが1番知りたいのに、
そこを全然書いてないアフィリエイターさんが
いっぱいいるんですね^^;

(KEN-Tもそう思われているかもしれません ;;)

 

「じゃあ何でKEN-Tは、
アフィリエイトしているの?」

 

それは、
単純に紹介したいと思ったからです。

 

情報商材アフィリエイターというのは
自分からの購入者さんを稼がせるのが仕事です。

 

一筆両断はライティングスキルの向上に、
KEN-Tは役に立つと思ったので紹介したんです。

 

他のアフィリエイターさんが叩いていようが
片方では絶賛されている教材もある通り
情報商材に対する感情って人それぞれなんで。

 

今回の記事は、一筆両断のレビューが
中身のないスカスカなレビューがあまりにも多かったので
思い切って一刀両断してみました。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: