情報商材アフィリエイターにとって
一番重要だっていっても過言ではないライティングスキル。

 

今回は、KEN-TがNO.1のコピーライティング教材と自負している
ネットビジネス大百科をあなたが導入する
タイミングについてお話していきますね。

 

まず、最初に忠告をしますが
いきなりコピーライティング教材を持たないでください。

 

いきなり購入したって
ぶっちゃけ役に立たないし
おそらく意味も分からないと思いますし。

 

KEN-Tも情報商材アフィリエイトを始めて
最初に購入した教材はコピーライティング教材じゃなくて
アンリミテッドアフィリエイトを真っ先に購入しましたから。

 

あ、アンリミテッドアフィリエイトってのは
ブログアフィリエイト最高って呼ばれている教材なんですが
ちょっと今回はライティングなので置いておきますね(笑)

 

だからあなたもね、
最初からいきなりコピーライティング教材を
買わないようにしておいてください。

 

まずは、文章力なんてどーでもいいので
とりあえずブログを開設してみること。

 

そして、出来るだけ毎日、
最低でも週休二日制を守りつつ
記事を更新していく。

 

記事の内容はその日覚えたことや
今勉強していること。

 

でも、いきなり情報商材アフィリエイトブログを始めるんじゃなくて
最初はちょっとした日記風ブログでも全然構いません。

 

なんにせよ、
まずは記事を書き続けるってのに
”慣れること”が大切なんですから。

 

でね、人間って不思議なもので
書き続ければある程度の文章力って
身につくもんなんですよ。

 

「あ、こう書いたらもっと分かりやすいな」とか、
「こう書けば伝わりやすいな」っていうちょっとしたコツ?
ってのが自然と身につくもんなんですよ。

 

あ、ほんとですからね(笑)
ためしに一カ月日記ブログを更新してて
一カ月後に一番最初の日記を見てください。

 

きっと笑っちゃうほど
分かりにくくてつまんない記事ですから。

 

でね、軸となる教材を毎日時間が許す限り
学んで(インプット)・書く(アウトプット)
繰り返していきますよね^^

 

そして、ある程度こういう感じでブログを更新していくと
なんかね「あ、コレだ♪」っていう何かを掴むんですね。

 

そっからは
自分の媒体の中で
読者さんをブランディングしていくんです。

 

ブランディングしていかないと
いくら格安な情報商材を販売開始時の
めっちゃ売れやすいタイミングでいくらレビューしても

 

まったく売れません。

 

で、このブランディングの時に
活躍するのがコピーライティング教材になります。

 

ただ自己流で記事を更新していくより
こういったコピーライティング教材に書いている
”型”みたいなのに当てはまるように書いていく方が読まれます。

 

毎日更新していく記事が、
多くの読者さんに読まれるようになると
次に待ってるのが読者さんからのメールです。

 

そう”リアルなコトバ”の上陸です。

 

この相談メールとかを
もらうようになってれば
それはもうブランディング出来てる証拠です。

 

「リアルなコトバの上陸」
↑これが教材レビューのタイミングです。

 

でね、このリアルなコトバを上陸を
可能な限り早くしてくれるのが
コピーライティング教材になるんですね。

 

そして、このタイミングで
あなたに導入してほしい
コピーライティング教材はこちら↓ですね。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(↑↑↑詳しいレビューはこちらをクリック)

 

ネットビジネス大百科をこのタイミングで導入することで、
普通じゃ考えられないスピードでブランディングが可能になります。

 

木坂さんの鳥肌もんの圧倒的な説得力を持つ”声”を聞いて
エンジン全開でブランディングの布石となる記事を書いてくださいね^^

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: