SEO対策の常套手段として
ソーシャルブックマーク登録がありますが、
アンビシャスカードを使用すれば
他のアフィリエイターさんが知りえない。

 

つまり、他のアフィリエイターさんが
知らない場所からの効果的なバックリンク(被リンク)をもらえるので、
圧倒的に上位表示されやすくなります。

 

アンビシャスカードとは?

 

アンビシャスカードというのは、
国内に存在するソーシャルブックマークサイト以外にも
海外にあるSBMサイト&RSSサイトに半自動で登録できるツールのことです。

 

半自動といっても、
サイトタイトルとURLを入力するだけで、
簡単に登録が出来るのですごく楽です。

 

それに、海外にあるSBMサイトは、
SEO上位表示効果が極めて高いといわれており
アンビシャスカードを利用することで
この効果が高いSBMを気軽に使うことが出来ます。

 

他にもSBM登録ツールがいくつかありますが、
アンビシャスカードは海外SBMサイトに唯一対応しているので
すでにお持ちのツールと合わせてお使いいただくことで
今以上に上位表示されやすくなるんですね。

 

例えば、過去に販売されていた、
「アフィリエイトトレジャー」
「パーフェクトトレジャー」に付属で付いていた
バックリンカーと合わせて使えば鬼に金棒です。

 

そのほかにも、
サイト作成ツールSIRIUSにも自動登録機能がありますが、
それにアンビシャスカードを合わせれば
さらに効果の高いSEO対策になりますよね?

 

アンビシャスカード著者のSHIROさんも言っていますが、

 

「新規にブログやサイトを作成して、
アンビシャスカードを使って
海外のSBMサイトにいくつか登録すれば
数時間から数日後に上位表示できる」

 

と、最初は疑問を少し感じつつ実践していましたが
あれよあれよという間に上位表示出来たんです。

 

詳しくはレビューページを作成しているので
そちらのほうをご覧になってください。

 

アンビシャスカードは、
すでにあるようなSEO対策ツールではなく
海外SBMサイトに対応した新しいSEO対策ツールです。

 

ブログアフィリエイトで稼ぎたい場合や、
サイトアフィリエイトで稼ぎたい場合
量産ブログで稼ぎたい場合なんか特に
アンビシャスカードが強い味方になってくれます。

 

メルマガアフィリエイターさんには必要ありませんが、
メルマガとブログを連動している場合なんかは、

 

メルマガからのアクセスに検索エンジンからの濃いアクセスを
引っ張ることも出来るのでかなりの確立で成約をいただくことが出来ます。

 

それに、教材のレビューページを作成したときにも
アンビシャスカードを使ってSBMをすれば
レビューページに直接濃いアクセスを呼ぶことだって可能です。

 

アンビシャスカードはツールなので「ラク」を求めてはいけませんが、
ちょっと使い道を考えるだけでわくわくしてしまいます。
(この記事を書きながらわくわくしてきました)

 

話は変わりますが、
KEN-Tは楽天アフィリエイトを実践しています。

 

KEN-Tが実践しているのは、
NOエンタメ式の楽天アフィリエイトと、
チョコラビ5式の楽天アフィリエイトです。

 

チョコラビ5式の楽天アフィリエイトは
検索エンジンからの集客がメインじゃありませんが
NOエンタメの場合はキーワードをしっかり考えて
検索からの集客を狙ったブログ構成にしています。

 

何が言いたいかというと、
検索からの集客を狙っているNOエンタメ式のブログに
アンビシャスカードを使ってSBMをすると・・・。

 

もう言わずとも分かりますが、
検索エンジンからのアクセスが増えますよね?

 

他にも、アンビシャスカードは、
ブログ量産にも相性抜群です。

 

あなたもアンビシャスカードを使用して
検索エンジン上位を総なめしてみませんか?

 

アンビシャスカードレビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ♪

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちら↓のレビューサイトの方にまとめてあります。

KEN-Tの情報商材レビュー一覧サイトはこちら

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
「ポチッ」とおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: