Aiロボットは、
SEO対策を実践しながら、
アクセスアップが出来るSEO対策ツールです。

 

機能的な部分をご紹介すると、

 

  • インデックス状況を一瞬でピックアップ
  • ソーシャルブックマーク登録機能
  • コメント周りで効果的な被リンクをもらえる
  • Ping送信機能

 

大きく分けても、
これだけの機能を持っているんですね。

 

この中で、KEN-Tが特に重宝しているのが
「インデックス状況を一瞬でピックアップ」
「ソーシャルブックマーク登録機能」なんです。

 

この2つの機能だけでも、
Aiロボットはかなり使いがいがあります。

 

この2つの機能について、
お伝えしていきますね。

 

インデックス状況を一瞬でピックアップ

 

これはですね、
自分のブログやサイトの
インデックス状況を一瞬で判断することが出来るんです。

 

このページはインデックスされている

このページはインデックスされていない

 

この判断ってKEN-Tが思う限り、
Aiロボット以外では出来ないんですね。

 

インデックスされているページっていうのは、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで
検索することが出来ます。

 

検索することが出来るということは、
検索エンジンからのアクセスが
期待できるということです。

 

で・・・

 

一方インデックスされていないページなんですけど、
インデックスされていなかったら検索されません。

 

インデックスされているということは、
検索エンジンに認識されていることになりますので、
検索することが可能なんですけど、

 

インデックスされてなかったら、
検索エンジンに認識されていない。

 

要はインターネット上に
存在していないページになるんです。

 

ブログからはアクセスは出来るけど、
ネット上で検索されなかったら、
存在していないのと同じなんです。

 

そして、この存在していないページ、
インデックスされいないページを
一瞬でピックアップするのがAiロボットなんです。

 

「インデックスしていないページを発見して
どういう意味があるの?」

 

はい。

 

Aiロボットを使って、
インデックスされていないページを発見したら、
そこを中心にインデックスさせることが出来ます。

 

インデックスに効果的な、
Ping送信もピンポイントに飛ばせますし、
ソーシャルブックマーク登録機能で効果的なSEO対策も出来ます。

 

この様に、Aiロボットでは
まず”インデックス状況”を確認して、
そこから様々な対策をしていくってことになります。

 

ソーシャルブックマーク登録機能

 

うん、これも便利です(笑)

 

あなたも一回は聞いたことあると思いますが、
このソーシャルブックマークって良質な被リンクがもらえますので
すごく効果の高いSEO対策になるんですよ。

 

コメント周りにも
多少の被リンク効果を見込めますが
このソーシャルブックマークの前では・・・です。

 

で・・・

 

Aiロボットはソーシャルブックマークについては
どんなことが出来るかといいますと、
ソーシャルブックマーク先を登録しておくことで、

 

クリック数回で
あっという間にブックマーク登録出来るんですね。

 

全自動!って優れたものじゃないんですが、
最初にある程度の設定(IDとかパスワード)をしておけば
あとは、非常に簡単に登録出来るので、

 

半自動みたいな感じですね。

 

それに、
ソーシャルブックマークの登録先も
全部で14ヶ所もあるんです。

 

  • はてなブックマーク
  • FC2ブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Buzzurl
  • newsing
  • gooブックマーク
  • イザ!
  • ライブドアクリップ
  • @niftyクリップ
  • corich
  • bookまーく
  • Lisme
  • リコメン堂
  • choix

 

この14ヶ所のソーシャルブックマークの
全てにあなたのブログやサイトを登録したら・・・って
考えただけでも相当な被リンクを得られるので、

 

ものすごいSEO対策になりますよ。

 

インデックス状況を一瞬でピックアップ

ソーシャルブックマーク登録機能

 

この2つの機能を中心に使うことで、
あなたのブログやサイトの
一週間後の検索順位は飛躍的に変わること間違いなしですm9(・∀・)

 

Aiロボットレビューと特典案内はこちら

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: