これは、アフィリエイト初心者さんによくあるんですが、
アフィリエイトをしていると、絶対に「壁」にぶち当たるんですね。

 

この壁にぶつかっても、
飛び越えるほどの強さを持った人のみが
アフィリエイトで稼ぐことが出来るんです。

 

情報商材アフィリエイターなら
「読者さんの役に立つ記事を書く」
これ↑が当たり前なんですが。

 

アフィリエイト初心者さんだと
役に立つ記事がなかなか書けませんよね?

 

それに、調べたような記事を書いても
まだ説得力も信用も備わってない状態では
「ふ~ん、そうなんだ」で終わってしまいます。

 

それに実践記事みたいな記事にしても、

 

今日はアレをした

明日はアレをしよう

 

みたいな感じの記事だと
読者さんにすぐ飽きられちゃいますよ。

 

それに、アフィリエイト始めたばっかりで
こんな実践記を書いたとしても、
読者さんには鼻で笑われていますよ^^;

 

(・∀・)< お前の実践記なんか興味ないよ
あなたが一生懸命記事を書いているのに
こう思われたらお終いですしね・・・。

 

あと、これもそうなんですが
「教材やレポート以外の感想」
これ↑も記事にしちゃうとまずいです。

 

具体的にどういうことかっていうと、

 

(・∀・)< いやぁ、アフィリエイトを最近始めたんですが、
       なかなか稼ぐことは出来ませんなぁ・・・。

(・∀・)< 最近はアンリミなんかを読み返しているんですが
       さすがインフォ侍さんの教材だからレベル高いし

(・∀・)< あなたもどうですか?
       → URL

 

今これ↑を見て
ありえねーって思ったかもしれませんが、
実際こんな感じの記事あるんですよ。

 

こんなね、編集後記でも書かないような内容を
メインコンテンツとして書いちゃうんだから
稼げるわけがないんですよ(笑)

 

こういった記事を書いている人ってのは、
早かれ遅かれいずれ消えていきます。

 

あ、マジですから。

 

実際に思うんですが、
こんなアフィリエイターさんは
KEN-T的には「かわいそう」なんですね。

 

なんでこんな記事しか書けないの?

相談できるアフィリエイターさんはいないの?

こんな記事で稼げると思ってんの?

 

こんなことばっかり考えてしまうほど
あなたのことを「かわいそう」って思ってしまうんですよ・・・。

 

アンリミテッドアフィリエイトを持っているなら、
「書くべき記事」「書くべきではない記事」
区別ぐらい簡単につくはずです。

 

持ってるのに、気付かない。

 

これでは、アフィリエイトで稼ぐなんてのは無理。

 

(ノ△T)
「じゃあどんな記事を書けば・・・」

 

本来ならね、KEN-Tが
「こんな記事を書けばいいですよ^^」って
優しく教える場面じゃないんですよ。

 

アンリミテッドアフィリエイト持ってるなら
その購入先のアフィリエイターさんにサポートしてもらえば
一気に解決するんですから。

 

ただ、これはKEN-Tも経験したから言えることなんですが、
サポートされる側は相手にメールを送るのもドキドキしちゃいます。

 

(・∀・)< 俺みたいな初心者がメールしていいのかな?

 

こんなことを思って
いつまでもメール出来ないでいますよね?

 

そんな人たちが
支離滅裂な記事を書いてしまうんです。

 

(ノ△T)< 2回目
「じゃあどんな記事を書けば・・・」

 

とは言っても
せっかくKEN-Tのクソ長い文章を読んでもらって
ここで「頑張ってね」で終わってしまっては、

 

KEN-Tの記事も
支離滅裂です(笑)

 

だから書きますね^^

 

KEN-Tがアフィリエイト初心者だったら
こんな↓記事を書きます。

 

自分自身が読みたい記事

 

あなたが読みたい記事って
どういった感じの記事ですか?

 

その読みたい記事を超具体的に想像して、
その理想に自分の記事を当てはめちゃうんです。

 

ちなみにKEN-Tは、

 

全体的に説得力がある

時折くだらないことをいう

グサッとくる毒舌がある

読者さん側に立った記事構成

 

これら複数の理想を想像して
今のKEN-Tの記事があります。

 

決してこれが正しいとは思っていませんが、
KEN-Tはこの方法が一番の近道だと。

 

この基本の「型」が出来上がらないと
いくら「ライティングテクニックだ~」なんてほざいても
一向に稼ぐことは出来ません。

 

今日の内容ががっつりあなたに当てはまってますか?

 

そうだとしたら、ここで
(・∀・)< 型が身に付いたらこれでライティングスキル向上
       → URL

って書き終わってはあなたのためにならないので、

 

今日の内容を覚えてしまうくらい
何度も読んでくださいね。

 

節々にノウハウを散りばめて書いたので。

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねがいします^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: