情報商材アフィリエイターをしていると、
必然的にレビューしている情報商材やツールの本数が
次々に増えてきますよね?

 

あなたがそうなってきたら、
KEN-Tは「情報商材レビューサイト」
別ページで作ることをおすすめします。

 

じゃあ、どうして作ったほうが良いかを、
KEN-Tなりに解説していきますね。

 

ってその前に、実はKEN-Tも
最近情報商材のレビューサイトを作ったんですね。

 

今はなきAQUASで(いや、手元にありますけど)。

 

やっぱり、情報商材アフィリエイターをしていると
仕入れとしての購入や提供が多々ありますよね?

 

そして、それらの教材で読者さんに紹介したいってなれば、
当然あなたなりに教材をレビューして、
読者さんに紹介しますよね?

 

月日が重ねるにつれて
どんどんレビューする数も増えてきます。

 

確かにね、わざわざレビューサイトとして作らなくても、
ブログ上の記事の中で辿り着くことは出来ます。

 

でもそれじゃ効率が悪いし、
読者さん的にも面倒なんですね。

 

それに、やっぱりアフィリエイターなら
過去にレビューした教材って
どこかに残しておきたいじゃないですか^^

 

それがレビューした時にあまり売れなくても、
サイトとして残しておくことで、
数カ月後にポツンっと成約していただけることもあるし。

 

はい、ここまででちょっとまとめると、
KEN-Tがまず思う情報商材レビュー一覧サイトを
作ったほうが良いって感じる理由の一つに、

 

過去のレビューを残せる

 

これですね。

 

長くアフィリエイトをしていれば、
レビューする本数が長くなるのは当然なので、
レビューしている本数を「実績」としておくのも断然ありです。

 

なにも報酬額だけが実績じゃなくて、
「ブログランキング1位」とか「レビュー本数20本」ってのも
れっきとした実績なんですよ。

 

それとね、もう一つ実はあります。

 

ほんとは黙っておこうかと思ってたんですけど、
どーせいずれは分かってしまうことなので、
知られる前にもう教えちゃいます(笑)

 

ブログでレビューしていない教材のレビューを載せる

 

あれ?なんか「レビュー」で韻を踏んでいて、
ちょっとわけがわからなくなりましたね^^;

 

分かりやすく言うと、
ブログでは触れていない(レビュー記事を書いていない)
教材のレビューを載せることが出来るんですね。

 

もちろん、そのまま全く触れないのもありですが、
さらっと記事の中で紹介する時にも使えますよね。

 

でね、この手法をする理由なんですけど、
この手法でたくさんのレビューを書いても
ブログ上で大々的に紹介していないから、

 

全くと言っていいほど、
「押し売り感」がないんですね。

 

当然ですよね?
ブログに書いてないんだもの。

 

まさに「読者さんのためのレビューサイト」ですよね?

 

もしあなたが、ただ購入しただけで
レビューすらしていない教材がありましたら、
こういったレビューサイトを作って、
レビューして載せてみてはいかがでしょうか?

 

では繰り返しになりますが、
KEN-Tがレビューサイトを作ってる理由は、

 

過去のレビューを残す

ブログでレビューしていない教材のレビューを載せる

 

この二つです。

 

KEN-Tの情報商材レビュー一覧サイトはこちら

 

あなたの参考になりましたらm(_ _)m

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねがいします^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: