あなたもブログやメルマガで
情報を発信していると思いますが、
読者さんからしっかり反応がありますか?

 

あ、反応っていっても
コメントとかじゃないですからね^^;

 

確かに、コメントとかも
すごく大切だし一件も来ないよりかは
来たほうが嬉しいですよね?

 

ここでKEN-Tが言いたい”反応”ってのは、
コメントじゃなくて”問い合わせ”のことです。

 

要は、コメント以外の反応ってことになります。

 

コメントってね、
コメント周りをしていれば
ほぼ記事更新の際にコメントされるもんなんですね。

 

コメントも新規開拓のために
していったほうが良いですが、
もっと大切なことは他にあります。

 

それは・・・

 

あなたが書いた記事に共感してくれた
読者さんからのメールや質問とかのメールです。

 

何で、大切だと思いますか?

 

まず、いつものコメント仲間、
もちろんKEN-Tにも数名のコメント仲間がいますが、
コメント仲間ってのは基本コメントぐらいしか交流は無いです。

 

ちょっとここで言いきっちゃうのは
気分的にアレなんですけど
言いきっちゃいます(笑)

 

うん、分かりにくいので、
KEN-Tのブログをコンビニにしちゃいます。

 

コンビニにいつも来てくれるお客さん。

 

これ↑がコメント仲間です。

 

毎日毎日KEN-Tのコンビニに来てくれるのは
すごく嬉しいんですけど、他の客にも来てくれた方が
KEN-Tのコンビニは儲かりますよね?

 

新規の客、それが新規開拓になるんです。

 

つまり、常連の客以外にも
新しい客がぞくぞく来店してくるような
コンビニ(ブログ)を作らなきゃならないんです。

 

で、そのコンビニ(ブログ)が
徐々に有名(ブランディング)になってくると、
新しい読者さんや訪問者さんが増えてきます。

 

その目安となるのが
先程も言いましたが
読者さんからのメールや質問なんですね。

 

実際に、KEN-Tのとこに
ある一通のメールってかことづてが来たんですね。

 

もちろん、ことづてした相手は
KEN-Tにとって初めての人です。

 

そして、何通かことづてを繰り返してたら、
KEN-Tから教材を購入してくれたんですね。

 

購入してくれる前に、
その人がこんなこと↓を言ってくれたんですよ。

 

> ふふ、ここまで丁寧にご指導いただいて
> KEN-Tさん以外の方から買えませんよ笑。

 

って。

 

もうすんごく嬉しかったんですよね。

 

確かにね、ことづてした内容は
ブログやメルマガではちょっと言えない
”ムフフ”なノウハウまで話してたんですが、

 

それが、要因で
教材まで買っていただけるなんて
思ってもなかったので^^;

 

・・・っとまぁ、
こんなことを聞いてあなたはどう思いましたか?

 

「さすが、KEN-Tさんですね、
私なんかまだまだですよ><;」

 

まさかと思いますが
こんなことは思ってないでしょうね?

 

こんなこと思ってるようじゃ
まず情報商材アフィリエイトで
大きく稼ぐなんて無茶すぎます。

 

「私も反応とれるような記事書いてやる!!!」

 

こう思ってたら、
絶対に稼げるようになりますよ。

 

アフィリエイトって
向上心、つまりやる気がすごく大切なので
常に上を見ながら作業をしていくことが大切なんですね。

 

で、ちょっとKEN-Tなりに
どうして反応が取れるような
媒体になったか考えてみたんですよ。

 

考えた結果、わかりました、
ライティングだってことが。

 

普段書く、ブログやメルマガで
読者さんの心をグッと掴んでそのまま離さない
ライティングが必要だってことが答えとして出たんですね。

 

んで、ここから下の文章は、
「私も反応とれるような記事書いてやる!!!」
って思ったあなただけに読んでほしいです。

 

あなたも反応が取れるような媒体を作り上げたいですか?

コメント以外でも読者さんとやりとりがしたくないですか?

読者さんから質問や相談メールが届いてほしいですか?

 

これらの問いに、
「当然」と答えれるあなただけ
以下のレビューページをご覧ください。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(↑↑↑詳しいレビューはこちらをクリック)

 

KEN-Tは、このライティング教材で
ライティングの基本から極意まで
全て学ばせてもらいました。

 

この教材を手にすることで
”反応が来ない”なんて
絶対に言えなくなりますよ^^

 

今日の記事がお役に立てましたら
「ぽちっ」とおねげぇしますだ(・∀・)9人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: