いきなりですが質問します。

情報商材アフィリエイトで
稼ぐためには何が必要だと思いますか?

 

「そりゃあ、やっぱり
稼ぐ系の軸教材でしょ♪」

 

確かに軸教材も
当然必要ですがもっと重要なものがあります。

 

「じゃあライティングだね。
(KEN-Tさんなら)」

 

確かにライティングスキルも
学んでおかないとなかなか稼ぎにくいですよね。

 

でもですね・・・もっとです。

もっと大切なものです。

 

・・・。

 

もうギブアップですね。

ではでは答えを言います。

 

情報商材アフィリエイトで
稼ぐために1番必要なものは・・・

 

です。

あなたという軸が必要なんですね。

 

つまり、どんな誘惑や逆境が来ても
それを跳ね返すほどのぶれない軸が必要なんです。

 

もっと具体的に言いますと、
あなたは情報商材アフィリエイターですよね?

 

っていうことは、
あなたがレビューする教材も
間違いなく情報商材アフィリエイトに関連していますよね?

 

まさか、
オークション系の教材とかレビューしていないですよね?

 

1つのブログに
異なる属性の教材をレビューしたら
あなたという軸がぶれるから短命で終わるかもしれませんよ。

 

あ、言うの忘れましたが、
今回の内容は情報商材アフィリエイターとして
始めたばかりのあなたに向かって伝えています。

 

あなたが実績あるアフィリエイターさんなら
これ以上読み進んでも時間の無駄になるかもしれませんので^^;

 

最初の頃は、
はっきりいって情報商材って
クソ怪しいものだと思うんですよ。

 

中身を見ることが出来ないのに
○万円のものとか普通は買わないですよね?

 

実際に、なんだこれ?っていう内容の
情報商材もわんさかありますし^^;

 

だから最初の情報商材を
買うときってまさに・・・

 

「崖からダイブ」

↑これくらいの勇気と度胸が必要なんですね。

 

でもですね、
この決断って1人じゃ出来ないんですね。

 

よくテレビとかで
バンジージャンプをしようとして
寸前でためらっている人っているじゃないですか?

 

飛ぶのは一瞬なのに
30分とかためらっていますよね?

 

なぜためらっているか分かりますか?

それは・・・

 

「怖い」

からです。

 

飛んだら一瞬で終わるってのは
もちろん分かっているのですが・・・

 

「怖い」から飛ぶことが出来ないんですね。

 

その時に・・・

「大丈夫、絶対飛べるから」

「落ち着いて、一回深呼吸しよう」

 

こういった言葉をかけられたら
不思議と飛べてしまうものなんですね。

 

・・・もうお分かりいただけましたかね?

 

つまり・・・

 

情報商材アフィリエイトも
これと全く同じなんですね。

 

さっきも言いましたが、
情報商材を買うときって
崖からダイブするくらい勇気がいるんです。

 

つまり、そのくらい怖いということです。

 

そのときに、必要なのが・・・

「大丈夫、絶対飛べるから」

「落ち着いて、一回深呼吸しよう」

 

といった言葉なんです。

 

「ん?
飛べるからって言うの???」

 

いえ、違いますよ^^

「この教材はこういった教材ですよ」

「全くの初心者ならおすすめ出来ません」

「あなたには今は必要ないと思いますよ」

 

こんな言葉を
掛けることが必要なんですね。

 

こういう言葉を掛けてあげることで
情報商材を買うときの不安な気持ちを
取り払って購入というアクションを起こしてくれるんです。

 

バンジージャンプをためらっている人に
そっと背中を押してくれるような強い言葉
情報商材アフィリエイターさんに必要なんですね。

 

例えば、バンジージャンプでためらっている人に・・・

 

「早く飛べよ!」

「飛んだら一瞬だからさっさと飛んでください」

 

こんな言葉を掛けるのは
あきらかにおかしいですよね?

 

アフィリエイターに例えたら
ただの煽りでしかないです^^;

 

さらにこんなアフィリエイターさんに限って
いろんなジャンルの情報商材をアフィリエイトしています。

 

たくさんの属性を集めようとして
教材を買ったけどなかなか売れないので
煽りのような言葉を出してしまうんですね。

 

だからまずは、
あなたという軸を形成すること。

 

そして、
そっと背中を押すような
安心して購入できるような言葉を掛けること。

 

単純なようですが
大切なので覚えといて下さいね。

 

では、ま・と・め・です^^

 

情報商材アフィリエイトに1番必要なもの

 

あなたのいう軸です。

それが形成出来た上で
軸教材やライティングスキルが必要になってきます。

 

言葉に責任を持つこと

 

購入をせかすような
煽り言葉は必要ありません。

 

必要な言葉は
そっと背中を押す一言で十分なんです。

 

今日の記事がお役に立てましたら
そっとこちらを押していただけますか^^人気ブログランキングへ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: