最近、レビューページに「ある仕掛け」を施しました。

購入を迷っている読者の背中を押してくれる仕掛けで、
これをすることで購入率を跳ね上げることができます。

 

・・・と、ここで終わったら非常にむかつきますよね?
「なんで教えてくれないんだよ!」ってなりませんか?

私だったらむかついてしまうので、
今回は「ある仕掛け」を暴露します。

たまたま私のメールを開封したのであれば
それは非常にラッキーだった、ということにしておきましょう。

 

私が施した仕掛けは、
「読者が購入した理由」
をレビューページに記載したことです。

け、なんだそんなことかよ!
それならおいらもすでにやってるぜ!

と思ったら要注意です。
具体的にどういう書き方をしていますか?

 

まさか、
「購入者の声」とか
「購入した理由」とか書いてないですよね?

もし書いてるならそれは間違いです。
そういう書き方だと購入率を上げることはできません。

 

じゃあどんな書き方がいいのか?

正解は、
「私から購入した理由」
と書くことです。

ポイントは「私」が入ってるかどうかです。
購入した理由とか購入者の声とかはあんまり意味ないです。

重要なのは誰から購入したか、なので。

 

 

 

例えば。
こちらを見てください。

http://affili-ken-t.com/rev/3mlurea/

レビューページですが少しスクロールすると
「私から購入した理由」が書いています。

私から購入した理由というのは、
ほかのアフィリエイターにはない理由なので
読者にとってすごくポイントが高いんですよね。

もちろん、ほかのアフィリエイターにはほかの理由がありますが、
レビューページには私から買った理由を記入しています。

 

こうすることで、
「なるほど、みんながKEN-Tさんから購入するのは
 こういう理由があるからなんだなぁ」
と理解していただけるわけです。

これが仮に、「購入者の声」だったとします。

その場合は、
「なるほど、この教材はそういう魅力があるんだな。
 買いたくなったけど誰から買おうかなぁ」
となってしまいます。

当然ですね、私から買った理由じゃないんですから。

 

 

 

もう一度言います。
重要なのは、自分から買った理由です。

どうして自分から買ったのか?

その理由を教えてもらい、
それをレビューページに使用することで
成約率をグンッと上げることができますよ。

ぜひ実践してみてください。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: