今からお伝えする内容は、
「情報商材アフィリエイト実践者」は目からウロコなので、
必ず読んでおいてください。

また、それ以外のジャンルを実践している場合も、
「全然役に立たない!」ということはありませんので、
時間的余裕がありましたら読んでおいてくださいね。

ではいきます。

 

私は見ての通り情報商材アフィリエイトを実践しています。

情報商材を紹介(アフィリエイト)して稼いでいます。

で、私がまだ全然稼げなかったころ、
「報酬」よりも重要視していることがありました。

「ありました」というと過去形ですが、
今現在も常に意識していることです。

それがこちら。

 

「メールをもらうこと」

メールをもらうというと大雑把に聞こえますが、
とにもかくにも読者さんからメールをもらうようにしていました。

お問い合わせでもダイレクトメールでも何でもかまいません。

何でもいいからメールをもらうことを意識していたんですね。

これは、むかーしから呪文のように言われていましたが、
「メールをもらうようになって初めて情報商材が売れる」という、
暗黙のルール的な言い伝えがあったんです。

こんな古臭い言い伝えですが、
その原理は今も当然ですが通用しています。

 

つまり。

このメールを読んでるあなたが
情報商材アフィリエイトを実践していて
有料教材が全然売れないようであれば原因はただ一つ。

「あなたのメッセージが読者に届いていない」

ということになります。

要は、流し読みされているということです。

 

あなたが書いた文章を
ものすごいスピードでスクロールされてしまっては
せっかくの努力も全部水の泡になってしまいます。

それじゃもったいない。

だから、最初は流し読みを辞めさせる必要があります。

流し読みを辞めさせるということは、
あなたと読者との間に「信用」が必要になってきます。

で、この信用というのは、
そう簡単には手に入りません。

ましてや、相手はあなたのこと興味ないんですから。

なので最初は興味を持ってもらわないと。

読者からメールをもらわないということは、
簡単にいえば片想いみたいな状態です。

あなたがいくらラブメールを送ろうが、
相手はそれを無視しているんですから。

だから。

 

「メールをもらうこと」

これを重要視しなくちゃいけないんですね。

メールをもらえれば
片想いから両想い状態になれます。

 

 

 

「両想い!?なんかきもちわるー」

 

なんて思わないでください(笑)

読者と両想いになることができれば
その後のビジネスは面白いくらいにうまくいきます。

このメールを読んでるあなたも
「情報商材アフィリエイトで稼いでやる」と思うのもいいですが、
それより先に「メールをもらうこと」を優先してくださいね。

何度も言うように、
メールもらって初めて稼げるんですから。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: