メルマガの強み。

それは読者さんのメールBOXに
ダイレクトにメッセージを送れることです。

メルマガ読者の数がどんどん増えていっても
発行者側のやる作業は一切変わりません。

 

「メルマガを執筆して → メルマガを配信する」

この一連の流れは
読者が100人だろうが10000人だろうが一緒です。

作業量は変わらない。
だけど、読者数が増えれば増えるほど
結果的に大きく稼ぐことができます。

これがメルマガの強みです。

 

でもでも、上で挙げたメルマガ以上の強みを持つ媒体があります。
はっきり言って最強レベルと言える媒体です。

最強とかいかにも幼稚な表現ですが・・・。

 

その最強レベルの媒体が、
「メルマガじゃないメルマガ」です。

「一緒じゃん!」と思いましたか?

確かに、「メルマガ」と「メルマガじゃないメルマガ」は
ニュアンスがちょっと違うだけで意味はほぼ一緒です。

じゃあどこが違うのか?

メルマガはメルマガで、
メルマガじゃないメルマガは
メルマガじゃないメルマガなんです。

 

もっと分かりやすく言います(笑)

メルマガはメルマガで、
メルマガじゃないメルマガは
極力「メールに近い」メルマガなんですね。

メルマガって、いくら個人向けに書いても
結局は全読者に配信する媒体なので個人向けじゃありません。

 

でも、メールって個人向けですよね?
読者さんからもらったお問い合わせに返信するときって
メールとして返事を書くはずです。

ここがポイント!

私が推奨する最強の媒体はメルマガじゃないメルマガで、
思考レベルで言えば「お問い合わせに返事を書く」レベルです。

ここまで意識をして書くことで、
メルマガじゃないメルマガを書くことができます。

 

周りにあるメルマガを見てください。
いかにもメルマガらしいメルマガですよね。

別にそれが悪いわけじゃありませんが、
ちょっと変えるだけで格段に精読率を上げることができます。

精読率を上げる方法は
メルマガの書き方であるとか
テンプレートであるとかいろいろな方法があります。

それをまとめたものがこちらです。

このレポートの中に書かれていることを実践するだけで、
簡単にメルマガじゃないメルマガを書くことができます。

簡単に書くことができて威力抜群です。
おそらくすぐに効果が出ることでしょう。

冒頭でお伝えしたメルマガを超える媒体である
極力メールに近いメルマガを書くには
このレポートの読破をおすすめします。

このレポートは5000円以上の購入特典として作成しましたが
本日いっぱいまで、コレをご購入の方に無償でプレゼントします。

 

実際に購入してくれた読者さんも複数いますが、
購入者さんの中には二度買いしてくれた方が半数近くいます。

「このレポートのために買いました!」
と言ってくれる方が半分です。

正直言います。
激しく嬉しいです。
ニヤニヤしています。

 

本日以降もレポートは特典としてプレゼントしますが、
本日以降は5000円以上の教材特典となります。

1000円以下の書籍を買えば手に入るのは今日までです。

1000円以下の書籍はこちら

(私の購入特典付きリンク↑)

購入する際は特典の表示を確認して
決済手続きをしてくださいね。

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: