私は情報商材アフィリエイトをメインに実践していますが、
情報商材アフィリエイトが「稼ぎやすいか?」と聞かれれば、

 

「大きく稼ぐこともできるけど、そんな簡単なものじゃないよ」
と答えます。

 

情報商材アフィリエイトはブログやメルマガを使って
読者さんに情報を提供してブランディングしていき
教材をアフィリエイトすることで稼いでいくアフィリエイトです。

 

つまり、情報商材アフィリエイターのブログやメルマガを読んでる
読者さんもアフィリエイターである確率が高いんですね。

 

この中で教材を紹介して稼ぐということは、
アフィリエイターがアフィリエイターにものを売るという感覚に近いです。

 

同業者がひしめくアフィリエイト業界で継続して稼ぐには、
圧倒的なライティングスキルや圧倒的なブログやメルマガの読者さんなど
何かに秀でたスキルが必要になってくるんですね。

 

上記のスキルが無い場合でも、
他ジャンルで実績がある場合はそれを武器に戦うこともできます。

 

こういうふうに何かしら武器があったほうが
稼ぎやすい情報商材アフィリエイトですが、
今回はこの情報商材アフィリエイトより
簡単に稼ぐことができるアフィリエイトを紹介します。

 

 

それは・・・

 

「楽天アフィリエイト」

 

です。

 

私のメインは情報商材アフィリエイトですが、
サブで楽天アフィリエイトも実践しています。

 

楽天アフィリエイトと言うのは、
日本国民のほとんどが知っているショッピングサイト
「楽天市場」で売られている商品を紹介して稼ぐアフィリエイトのことです。

 

紹介すると言っても、
情報商材アフィリエイトのようにブログやメルマガで
細かく戦略を組んで紹介する必要はありません。

 

というか、メルマガは一切必要ありません。

 

ブログも無料ブログだけでOKです。
現に私も無料ブログだけを使って実践していますし。

 

 

楽天アフィリエイトはアフィリエイト報酬が1パーセントしかありません。
(これが唯一のデメリットだと言えます)

 

けど、30日間のクッキー報酬と言うものがあり、
楽天アフィリエイトの広告をクリックさせれば
そこから30日間は何を買っても自分の報酬になるということです。

 

例えば、私がこの記事の中で、

 

この商品はすごく使いやすいです。
→ 楽天アフィリエイトのリンク

 

こう紹介して、上のリンクをあなたがクリックした場合は、
クリックした日から30日間はあなたが何を買っても私の報酬になります。

 

あなたが上記のリンクをクリックして1週間後に
10,000円の商品を楽天市場で買っても私に報酬が発生するということです。

 

このクッキーがおいしいんですね。

 

 

さらに、楽天アフィリエイトの場合は、
「アフィリエイトを知らない層」を相手にするので、
情報商材アフィリエイトより簡単に稼ぐことができます。

 

情報商材アフィリエイトは同業者を相手にしますが、
楽天アフィリエイトはアフィリエイトの知識が無い人を相手にします。

 

どっちが稼ぎやすいかは明らかですよね?

 

 

以上のことから、

 

「楽天アフィリエイトが最も稼ぎやすいアフィリエイト」

 

だと言えます。

 

 

■ 次回予告

 

今回は最も稼ぎやすいアフィリエイトとして
楽天アフィリエイトを紹介しましたが、
次回は楽天アフィリエイトを実践するうえでのノウハウの種類をお伝えします。

 

※次回の記事を更新しました
楽天アフィリエイトの実践ノウハウは2つ

 

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: