情報商材アフィリエイトで稼ぐための第一歩として、
他のアフィリエイターさんとの差別化を狙う必要があります。

 

差別化、つまり読者さんに、
「こいつはほかのやつとは違う」
と思わせることです。

 

差別化を狙うためにはいくつかの手法がありますが、
今回は一番簡単に差別化できる方法をお伝えします。

 

簡単な方法ですが、
意外とできていないアフィリエイターさんが多いので
ここで書いたことは秘密にしておいてくださいね(笑)

 

ではいきます。

 

簡単に差別化を計る方法は・・・

 

 

 

「オリジナルアバターを使う」です。

 

「へ?アバターは使ってるけど・・・」

 

と思いました。
いやいや、違うんですよ。
オリジナルなアバターを使うんです。

 

アフィリエイトブログを毎日たくさん見ていますが、
大抵のブログのアバターは萌えアバターか
アメーバピグを使ってる人がけっこういますね。

 

私も萌えアバターですが。

 

私がアフィリエイトを始めた当初はあまり使ってる人はいなかったんですが、
今はかなりの割合で見かけますので差別化の意味ではまったくの無意味です。

 

それに、私のアバターに似ているアバターを見たことが2回あるのですが、
必ずと言っていいほど「KEN-Tさんブログ変えました?」と言われます。

 

私は別に間違われても構わないのですが、
私に間違えられた本人にとってはかなりの痛手です。

 

差別化が重要と言われているこの世界で
他のアフィリエイターさんと間違われたのですから。

 

キツイことを言いますが、
すでに稼いでいるアフィリエイターさんとアバターが被ると
アフィリエイトで稼ぐのはかなり厳しいです。

 

どんだけ頑張っても、
先輩アフィリエイターさんと間違われるんですから、
逆ブランディングになるだけなんですよ、ぶっちゃけ。

 

しかも、本人はアバターを真似したわけじゃないのに、
周りからは「●●●さんのアバターを真似したのかな?」
と思われる始末・・・。

 

するとそれが連鎖的に広がって、
最終的には「●●●さんの劣化版」とまで言われます。

 

これじゃ稼げるようにはなりません。

 

つまり、アフィリエイトで稼ぐためには、
「誰とも被らないオリジナルアバター」
が必要になってくるんですね。

 

こう考えると次に出てくる発想は、
「誰かにアバターを描いてもらおうかな」ですよね?

 

実際私もいい加減かわいいアバターから卒業したかったので、
誰かにオリジナルアバターを描いてもらおうとしましたし。

 

でも、私ってわがままなんですかね?

 

アバターを作成している人をいくつか見つけたんですが、
どうも私のイメージにマッチしないんですよね・・・。

 

多分ですが、
私の中にあるイメージと
アバターを作成している人のタッチが合わないと思うんですよ。

 

私のイメージとしては、

 

全身画像でスマートな感じ

小道具とか使ってて

リアルな私とイメージが合ってる感じ

さりげなく格好良い・・・

 

こんなイメージです(笑)

 

でも、やっぱりアバターって言うと、
どうしても「かわいい」が先行しちゃうんですよね。

 

今のアバターからどうしても変えたい。

 

けど、気に入るアバターがまったく見つからない。

 

かなり困り果てましたが、
ここで瞬間的に閃いたんです。

 

あの人に描いてもらえば
絶対に誰とも被らない
唯一無二のアバターができあがるって。

 

で、実際に描いてもらったんですが
これがまた私のイメージにピッタリ。

 

速攻でアップロードしちゃいました。

 

アップロードはしたものの、
まだブログ上で公開していないので
誰も私のアバターを知る人はいません。

 

が、公開するのを焦らしても全く意味がないので
次回のブログでニューアバターを公開したいと思います。

 

全米初公開です(笑)

 

私とイメージが似ているので、
なんとなく「KEN-Tだ~」と分かるかもしれません。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

裏メルマガも発行しています

誰もが知ってるトップアフィリエイターさんも読んでる
KEN-Tの裏メルマガはもうご購読していますか?

(詳細はこちらをクリック↑)

ブログじゃ言えないKEN-Tの本音や秘匿性の高い情報も
裏メルマガでは隠すことなくお伝えしています。

 

今回の記事がお役に立てましたら
ポチッとおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: