情報商材アフィリエイトを
実践しているアフィリエイターさんや
最近ブログを立ち上げて
記事を更新しているアフィリエイターさん。

 

アフィリエイトという言葉を最近知って
見よう見まねでブログ記事を更新しているアフィリエイターさん。

 

その全てのアフィリエイターさんに
読んでほしいレポートを作りました。

 

【記事表現@KEN-T】このレポートに書かれている
幼稚な表現を用いるといつまで経ってもファンが付きません。
~ファンが付かないということは稼げないということ~

(無料でダウンロードできます↑)

 

このレポートでは、
アフィリエイト初心者さんが
記事に書いてしまうありがちな間違いを
厳選して書いています。

 

厳選して3つの間違い文章を書いていますので、
このレポートを読んで該当しているのがあれば
速攻で修正してください。

 

修正しないと、
レポートタイトルの通り
いつまで経ってもファンが付きません。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法って
いかに自分のファンをたくさん作るか?
と言っても過言じゃありません。

 

実際に稼いでいるアフィリエイターさんは
多くの人に信頼され尊敬されています。

 

そういった濃いファンを獲得することが
稼ぐためには絶対に必要なんですね。

 

でも、間違った記事表現をずっと続けていると
ファンがいつまで経っても付かないので
稼げるようになるまですごく時間が掛かってしまうんです。

 

最近アフィリエイト始めました感が記事からにじみ出ていては
読者さんは「買いたい」とはなりませんよ・・・。

 

先程も言いましたが、
このレポートでは3つの間違い文章を書いています。

 

その中でも特に多いのが、
第1章の●●●です。

 

これはね・・・ほんとーに多いです。
該当しているのならば即修正しましょう。

 

第2章と第3章では、
具体的に例文を交えて解説しているので
さらっと読んだだけでもすんなり理解出来ると思います。

 

今回のレポートは、特に
「アフィリエイト初心者さん」
に手にとって読んでいただきたいです。

 

【記事表現@KEN-T】このレポートに書かれている
幼稚な表現を用いるといつまで経ってもファンが付きません。
~ファンが付かないということは稼げないということ~

(無料でダウンロードできます↑)

 

このレポートの紹介方法

 

今回紹介したKEN-Tの新作レポートですが、
その紹介方法をお伝えします。

 

新しいレポートは早めに紹介した方がダウンロード数が伸びて
その分協賛ポイントをゲットすることが出来るので
あなたのメルマガ読者さんもどんどん増えていきます。

 

なので、今回のレポートの紹介方法(こうやって紹介したらDL数が伸びる)
をKEN-Tのブログ・メルマガ読者さん限定でお伝えします。

 

アフィリエイト初心者さんをターゲットにする

 

今回のレポートは、
アフィリエイト初心者さんを
ターゲットにして作成しています。

 

だから紹介する時も
アフィリエイト初心者さんに向けて
記事を書くようにしてください。

 

そもそもアフィリエイト初心者さんは
間違いに気付いていない場合が多いので
より具体的に間違いを指摘してあげます。

 

その際、レポートを読んだことを前提に記事を書くことで
読んだことが無い読者さんはレポート内容がすごく気になります。

 

俗にいう「まきこみ」ですね。
読者さんが知っていることを前提に
情報を伝えるライティングテクニックの1つです。

 

知っていることを前提に記事を書くと
知らない読者さんは知りたくなりますので。

その結果レポートがダウンロードされるわけです。

 

ぜひこの紹介方法をあなたの媒体でためしてくださいね。
その際はこちらのレポート↓で(笑)

 

【記事表現@KEN-T】このレポートに書かれている
幼稚な表現を用いるといつまで経ってもファンが付きません。
~ファンが付かないということは稼げないということ~

(無料でダウンロードできます↑)

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ♪

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちら↓のレビューサイトの方にまとめてあります。

KEN-Tの情報商材レビュー一覧サイトはこちら

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
「ポチッ」とおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: