今ってなんとなく無料オファーが
充実していると思いませんか?

 

そこで今回は無料オファーを
ブログやメルマガで紹介する時の
効果的な紹介方法をお伝えします。

 

無料オファーというのは、
請求する側(読者側)は完全無料で登録することが出来て、
紹介する側(発行者側)は一件につき
報酬がもらえる仕組みとなっています。

 

最近はその報酬額が高いものだと500円とかがあるので
ちょっとした媒体があれば5000円とかを
あっという間に稼ぐことが出来るんですね。

 

「アフィリエイトって月に5000円も稼げない~」
という古びた言い伝えがありますが、
それを無料オファーを紹介するだけでぶっ壊すことが可能です。

 

でも、最近の読者さんは
この無料オファーでさえ登録するのに躊躇しています。

 

それは、あまりにも無料オファーが出回っているのと
「ただより高いものはない」という風習からです。

 

でもちょっと視点を変えれば
がんがん登録されることだって可能なので
その「とっておきの方法」を書いていきます。

 

無料オファー自体を褒めちぎる

 

これはある意味王道な紹介の仕方ですが、
紹介する無料オファーを事前にきちんとチェックして
長所や短所を把握して紹介する方法です。

 

有料の情報商材を紹介する時と似ていますね。

 

きちんと中身を確認して
その旨を伝えて無料オファーの感想を交えて紹介します。

 

この紹介の良いところは、
読者さんに信頼されやすいこと(実際に確認しているので)と
有料教材の紹介時の練習になるところですね。

 

多くの軸教材にも書いていますが、
いきなり有料教材を紹介せずに
まずは無料オファーを紹介して
「紹介する力(レビューする力)」を付ける。

 

ね?まさに王道でしょ?
でも、デメリットもあります。

 

それは、紹介するのに「面倒さ」を感じしまうことです。

 

確かに無料だし一件登録されるごとに
300円~500円もらえるのはおいしいですが、
それでもきちんと確認して紹介するのは面倒です。

 

それで2、3件しか登録されなかったら
下手したら「最低支払額」にすら到達していないので
無報酬ってなる可能性もありますし。

 

そうならないためにも、
今から紹介する紹介方法が
無料オファーの長所を活かしているのでおすすめです。

 

ベネフィットを書きまくる

 

KEN-Tがおすすめする
無料オファー紹介に特化した方法が
「ベネフィットを書きまくる」方法です。

 

ベネフィットと言うのは
簡単に言えば「メリットを想像出来る言葉」のことで
例文を交えればこんな感じ↓です。

 

悪い例:ダイエットで5キロ痩せます

 

これだと、メリットしか書いていないので
具体的にメリットを想像することが出来ません。

 

良い例:ダイエットで5キロ痩せて、
    彼氏に「お前綺麗になったな」と言われます

 

この書き方だと、
ダイエットで5キロ痩せて「こうなった」
というベネフィットが書かれており想像しやすいです。

 

こんな感じで、
無料オファーを紹介する時は、
こういう風↓にベネフィットを書いていきます。

 

  • 今すぐ登録して紹介してください
  • 紹介して登録されれば一件に付き500円もらえます
  • 無料オファーは紹介したもん勝ちなので早めに紹介してください

 

ざっと上げれなこんな感じですね。

 

つまりどういうことかっていうと、
「無料オファーの中身を書く」んじゃなくて、
「無料オファーの紹介した先」を伝えるんですね。

 

「これを見てください」じゃなくて、
「これにすぐ登録して紹介してください」といった風に
無料オファーの中身はほとんど紹介しないやり方です。

 

有料教材だと全く通用しない紹介方法でも
無料オファーだとがっつり通用します。

 

このように、ベネフィットを書きまくることで、
5000円なんてあっという間ですよ。本当に。

 

あ、ちなみにKEN-Tは
無料オファーはほとんど紹介しません。

 

その理由を今からお伝えします。

 

無料オファーを紹介する際の注意点

 

無料オファーを手当たり次第に紹介していまうと、
有料教材が売れなくなってしまう可能性があります。

 

「この人からは無料オファーだけもらえばいいや」
と読者さんに思われてしまうからなんですね。

 

読者さんは結構シビアなので、
無料オファーはこの人、
ライティングはこの人、
テンプレートはこの人、と決めています。

 

この「無料オファーはこの人」の中に該当してしまうと
高額な情報商材が売りづらくなってしまいます。

 

なので、無料オファーを紹介するのも良いですが、
紹介し過ぎにも注意してくださいね。

 

今回の内容は結構重要なので
何度も読んでおいてください。

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ♪

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちら↓のレビューサイトの方にまとめてあります。

KEN-Tの情報商材レビュー一覧サイトはこちら

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
「ポチッ」とおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: