情報商材アフィリエイトって
なんらかの実績があったほうが、
より効率的に稼ぐことが出来ます。

 

それは、実績があったほうが、
記事にも説得力を出すことが出来るので
読者さんから信頼されやすいというのがあります。

 

でも、情報商材アフィリエイトを始めたばっかだと
この実績はまっさらな状態ですよね?

 

そんな初期状態でも
記事に説得力を出す方法が「ある」って言われたら
あなたなら知りたいですか?

 

つまり、実績がなくても
記事に説得力を持たす方法です。

 

それはこちら↓

 

「記事から若さを捨てる」

 

こうやって書くと「?」と思われちゃうので
もうちょっと分かりやすくお伝えしますと、
あなたの記事からキャピキャピ感を捨てるんです。

 

これはアフィリエイト初心者さんに多いんですが、
記事を読んでみると若さがにじみ出ています。

 

なんつーか、
「最近始めた人だな」
ってすぐに分かってしまいます。

 

最近始めた人っていうのは、
記事数が少ないのはもちろんですが、
それ以上に文章全体が若いんです。

 

もちろん、記事を書いている人の年齢までは分かりませんが、
ブログ記事を読んでいる限りキャピキャピしています。

 

これじゃあね、
読者さんは信頼が置けないわけです。

 

いいですか?

 

読者さんっていうのは、
自分より知識があって頼りがいのある人に
信頼感を持ってくれます。

 

ということは、最低でも
読者さんが信頼を持ってくれる人に
あなたが当てはまる必要があるんですね。

 

要は、あなたが
「知識があって頼りがいのある人」
にならなきゃいけません。

 

知識があって頼りがいのある人にならないといけないのに、
記事がキャピキャピしていると読者さんは幻滅してしまいます。

 

「あぁ、このアフィリエイターさんはだめだ・・・」って。

 

あなたはこうはなりたくないですよね?

 

どうせなら、読者さんから信頼されて
定期的に相談メールとかもらえるようになりたいですよね?

 

そのためには、
記事から若さを捨ててください。

 

あなたの知っているアフィリエイターさんで
稼いでいるアフィリエイターさんを見てください。

 

キャピキャピしていますか?
記事自体が幼いですか?

 

そんなわけないですよね?
稼いでいるアフィリエイターさんは
いつだって冷静沈着に記事を更新しています。

 

いつだって自分の言葉を記事にして
読者さんから信頼されているんです。

 

それに共感してくれる読者さんがいるからこそ
稼ぐことが出来ているんですね。

 

それは、トップアフィリエイターでも
KEN-Tでもなんらかわりはありません。

 

いつだって冷静沈着で
いつだって自分の言葉を発しているんです。

 

いいですか?

 

あなたもキャピキャピ感をかなぐりすてて
こういった信頼されるアフィリエイターさんになってください。

 

どんな逆境になろうが、
自分の言葉で記事を書けるようにしてください。

 

「みんなが記事にしているから私もしよう・・・」
なんて周りに流されてしまうような
アフィリエイターさんにはならないでください。

 

読者さんは遭難しているアフィリエイターさんではなく
自分の言葉を発しているアフィリエイターさんに信頼するんです。

 

ブログレイアウトとか、
SEO対策とかも確かに重要です。

 

でも、まずは信頼されること、
そのためには文章力を鍛えることです。

 

KEN-Tはネットビジネス大百科で
文章力を鍛えることに成功しました。

 

ネットビジネス大百科レビューと特典案内はこちら

(詳しいレビューはこちらをクリック↑)

 

ネットビジネス大百科を手にしていなければ
ここまでアフィリエイトを続けることが出来なかったし
稼ぐことも出来なかったんだと確信しています。

 

ネットビジネス大百科を手に入れて
読者さんから信頼される記事を書いて
相談メールをもらえるまで信頼されませんか?

 

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ♪

今回の記事に関して、
ご質問やご相談がありましたら、
お気軽にメールしてくださいね。

その他にも、
アフィリエイトに関する些細な悩みをお持ちでしたら、
どんなことでも良いので相談してください。

お問い合わせはこちら

今までレビューした教材について

KEN-Tが今までレビューしてきた教材については、
こちら↓のレビューサイトの方にまとめてあります。

KEN-Tの情報商材レビュー一覧サイトはこちら

このサイトは随時更新していくので
こまめにチェックしてみてください。

 

今回の記事がお役に立てましたら
「ポチッ」とおねがいします。人気ブログランキングへ

この記事を読まれた方は次にこの記事もあわせて読まれています: